いまだ未開の地、センチネル族の住む北センチネル島が凄い。


インド洋に浮かぶ北センチネル島をご存知だろうか。近代社会近代社会と言われてきていますが、世界は広い。未だ外界とのつながりを拒否してる島があります。
それが、北センチネル島。
sentineli-island
北センチネル島はタイ、ミャンマー、インドに囲まれたインド洋に浮かぶ小さな島。地図で見るとわかりやすいですが、まさかのアジアに未開の地があるとは。

未開の地で、地球上で最も上陸が困難な島だという異名を持っています。北センチネル島は未開の地です。鎖国していた頃の日本を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。やっぱり外からやってくる外人は怖いんです。(憶測ですが)
島に上陸しようとするとセンチネル族は矢をもって外敵を排除します。実際に過去に残念な事件がいくつか起こっています。
・1964年 以降数回に渡りインド政府の使者が贈答品をもって島に渡ろうとするがこれを拒否。威嚇されて上陸不可。
・1974年 ドキュメンタリー動画を撮影しようとした映画監督が太ももを矢でいられる。
・2004年 スマトラ沖地震の際に救援物資をもったヘリに矢を放って威嚇
・2006年 カニを密猟していたインド人2名が漂着後殺害、その後遺体回収に向かったヘリも矢で攻撃し回収不可能。
▼威嚇するセンチネル族の画像
f82ee80f
近くにはアンダマン・ニコバル諸島もあるが、交流も干渉もなく現在はインド内の自治区のような扱い。北センチネル島を所有するインド政府も上記したような状況なのでも現在は干渉をあきらめているそうです。
センチネル族は6万年前から同じく狩猟などで生活しており島民の数は数十~数百とされています。北センチネル島は島全体がジャングルになっており、上空からの撮影は不可能、加えて上陸が困難なので全て憶測という状態です。
▼センチネル族の貴重な動画

めっちゃ威嚇したり踊ったりおどけたり?
実はセンチネル族と似ている部族が1997年に発見されている。これは北センチネル島から20kmほど離れたアンダマン諸島のジャラワ族。彼らもセンチネル族と同様外部との接触を嫌い現在も同じようにわからないことが多いです。
未開の地北センチネル島、未開なのでもしかしたら島固有の植物、動物、昆虫などもいるかもしれません。いつかセンチネル族の許可を貰える時がくれば面白そう。


コメントする

1件のコメント


  • 匿名

    まさに、インド人もビックリな島ですね。
    でも、白人を気前良く上陸させて酷い仕打ちを受けたインディアン達を考えると、
    彼らの反応は正しいのかも。



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧