鼻がとっても長くて素敵なトカゲ、ピノキオノアールさん


今回は絶滅危惧種鼻がとってもりりしいトカゲ、ピノキオノアールについてご紹介。

ピノキオノアールとは?

実はピノキオノアールは50年以上前に絶滅したと考えられていたトカゲですが、2005年にエクアドルで再発見されたとっても貴重なトカゲ。その後2013年までに3回発見されましたが10年で4回しか発見されていないという。
なんでもその4回の再発見された場所はそれぞれかなり近くで、最も生息範囲が狭いトカゲとしても知られているようです。
ネーミングはそのまんまピノキオみたいな鼻をしているからピノキオノアールと名付けられたに違いありません。

特徴は何と言ってもそのりりしいお鼻でしょう、ですがこれはオスのみが持つ特徴。なんでも鼻が立派な方がメスにモテるという、一つのモテ基準になってるようです。

▼ピノキオノアールのオスとメスの画像

RP420-01-04

photo by:tropicalherping.com

▼ピノキオノアールのとっても狭い生息範囲図

anolis-proboscis

photo by:tropicalherping.com

▼歩き方も可愛いピノキオノアールの動画

容姿でモテ基準が決まるのは何も人間の世界だけではなかったのですね、ピノキオノアールの世界でももしかしたらオスは日々鼻を長くしようと努力をしているのかもしれません。しかも絶滅危惧種ですから、メスを探すのもきっと一苦労。がんばれピノキオノアール(オス)!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧