感染性胃腸炎になった時の出席停止期間


今回のテーマは、「感染性胃腸炎になった時の出席停止期間」についてです。一度かかるとかかりやすくなる厄介な病気の「感染性胃腸炎」ですがこの「感染性胃腸炎」になられたお子さんは治るまで学校には出席できない「出席停止期間」というものがあります。
その期間はどのくらいあるのか、また感染性胃腸炎の予防策やかかった場合の対策・治療法や症状などご紹介します。感染性胃腸炎とは、秋冬の時期に流行する感染症です。ウイルスなどの細菌が原因で起こる胃腸炎です。
kclass
原因となるウイルスには、種類があり、「ノロウイルス」や「ロタウイルス」「サポウイルス」「アデノウイルス」などがあります。
症状としては、腹痛はもちろん、下痢や嘔吐、発熱といった症状があらわれます。固形物の食べ物などは受け付けれなくなる胃腸炎で胃も荒れている全て吐いてしまうといった辛い症状が起きます。
また、感染性胃腸炎にかかると水分補給は欠かせないので、食べ物の固形物を受け付けれない分栄養補給としてポカリスエットやアクエリヤスなどのスポーツドリンクやミネラルウォーターなどの水分をこまめに補給しなくてはいけません。
感染性胃腸炎は、嘔吐や発熱、下痢をもようすので水分をきちんと取らないと、脱水症状を起こします。なので、きちんと水分補給をすることが大切です。
この感染性胃腸炎は、主に乳幼児に多くみられます。
集団感染しやすい為、一人でも「感染性胃腸炎」の患者が出れば、園内や施設内はきちんと消毒や対策をとらなければなりません。感染性胃腸炎にかかってしまった児童がふれた物や場所に居た児童などが手を洗わずにそのまま口内に手を入れてしまったり、なめてしまうことなどで手に付着したウイルスが口などから体内に入り、感染してしまう可能性があります。
kyousitu-tukue
なので、消毒や殺菌対策を入念に行う必要があります。感染性胃腸炎になった児童は、もちろん施設また学校に行けなくなります。
完治するまで学校や施設・職場に行けなくなる「出席停止期間」は、どのくらいあるのか。
出席停止期間は、感染性胃腸炎が完治するまでの期間にもよりますが、約3日間ほどになります。しかし、熱が下がったからといって、ウイルスは微量に体内にいる場合もありますので、すぐに登校させないようにしましょう。
熱が下がっても様子を見て、1日更に休養をとりましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧