訳あり物件見分け方で賢く危険を回避しよう!


引越しをする際、最も気になるのがその土地の治安や引越し先の物件ではないでしょうか。今回は訳あり物件の見分け方について紹介したいと思います。

訳あり物件とは?

過去に殺人、自殺が起きてしまった物件などが知られていますが、その他にも同じマンション、建物内に暴力団、宗教団体がある物件も訳あり物件と呼ばれています。その他近隣に火葬場があったり、ゴミ処理場などがある場合も住みやすい場所ではありませんので訳あり物件となります。これらの物件をどのような見分け方をすればいいのか?次の項目から紹介したいと思います。

訳あり物件の見分け方!

▼不動産営業マンに聞く
hudousan
訳あり物件の見分け方として一番手っ取り早い方法が、あなたが物件を見に行く際に利用する不動産屋さんに聞く事。最初に物件を探す際に営業マンに「過去に事故があったり、訳あり物件は絶対嫌です。」と伝えればそういった物件は紹介されないはずです。
ですが、不動産屋事態が悪徳であったり、かなり過去のものになると営業マン自体が知らない場合もありますので、そういった場合はどうしようもありません。更に以下の方法で見分け方を完璧にしていきましょう。

▼大島てるでリサーチ oshimaland.co.jp
oosimateru
過去にあった自殺、殺人、事件などを収集しマップ上で事故物件の確認をする事が可能なサイトです。GoogleMapと連携しており、上記画像のように炎のマークをクリックすると事件が起きた日付、さらにはどんな事件が起きたかを確認する事が出来ます。ここに乗っていない物件であればセーフの可能性が高いです。

▼インターネットリサーチ
jikoserach
すでに賃貸物件を何件か絞り込んでいるのであれば不動産屋さんの営業マンから物件の詳細情報を貰っていると思いますので、Google検索などを使う事で訳あり物件を見分け方を実行する事が出来ます。住所やマンション名、これらと「事故、自殺、殺人、強盗」などのキーワードと組み合わせて検索を行います。事故や自殺、殺人などが行われている場合は過去のニュースなどが残っているはずなので出てきます。出てこない場合はほぼ問題ない物件と言えます。

▼近隣住民に聞き込み
kinjo
一番効果がある訳あり物件の見分け方は現地で直接聞き込みをする事。最初にも合った通り、事故、自殺、殺人意外にも暴力団、変な宗教がある場合も訳あり物件です。聞き込みといってもとても固く考えずラフな感じで世間話をするだけでOK「今度この辺に引っ越そうと思っているんですが、何か不便な事とかありますか?」位でいいのです。

いかがでしょうか、不動産のプロでなくても訳あり物件は見分け方をしっかり使えばそうそう変な物件を掴まされる事は無いと思います。最も肝心なのは時間です。時間が無ければリサーチする事も出来なくなってしまいますので、余裕をもって引越しの計画を作りましょう!家は長期間、長時間過ごす場所なので慎重にじっくりと決める事をおすすめします。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧