皮膚掻痒症とは一体どんな病気?


今回のテーマは、「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)とは一体どんな病気?」についてです。
みなさんもこういった経験はないでしょうか?
目立った異常もないのに、痒いといった症状に悩まされた方もいらっしゃると思います。ただのかゆみだから大丈夫と思いのあなた!もしかすると、「皮膚掻痒症」かもしれません。
inumokayui
「皮膚掻痒症」とは、皮膚に目立った異常もみられないのに痒くなるといった症状が出る病気です。また、かゆさに耐えきれず、かいてしまった傷や発赤が茶褐色の色調変化がみられることもあります。
高齢者で乾燥肌のためにかゆみが出てしまうものは、「老人性皮膚掻痒症」といい妊婦さんにみられるものは、「妊娠掻痒症」と呼ばれます。原因としては、主に環境の変化や皮膚の乾燥、老化による影響で起こるとされています。
全身性のものになってしまうと、全身性疾患や内蔵疾患といった原因になる場合もあります。また、このかゆみの症状は外陰部や肛門周囲にもみられる場合もあり前立腺肥大症や前立腺がん、膣カンジダ症、便秘が原因とみられることもあります。
nekomokayui
症状の現れ方としては、ムズムズするようなかゆみやチクチクするような刺激感のあるかゆみが起こる方もいらっしゃるようです。人によって、かゆみの強さや弱さもばらばらです。特に症状が出やすい状況が、入浴後や体が暖まった状態の時や睡眠時と言われています。
そのため、かゆみで眠れないといった状況に悩まされている方も多くいらっしゃるようです。治療方法としては、基礎疾患がある場合はその処置が行われます。
皮膚に関しては、軟膏やワセリンといった保湿する治療が行われます。二次的な皮膚炎がみられた場合は、ステロイド外用薬を使用することもあるそうです。こちらでご紹介した情報は、一般的に知られている情報ですので詳しくは専門医とご相談の上、診察や治療を行われてください。
かゆみが治まらない、また似たような症状に悩まされている方も多くいらっしゃると思います。症状が悪化しないためにも、近くの皮膚科や専門医に見せて治療しましょう。

photo by:Fire’s Hope,yumi+.+


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧