立ち仕事で疲れない靴の選び方


立ち仕事をする上で、体へ気を使いたい部分は、足。やはり立ち仕事というだけあって、足への負担は大きいものです。そして、全体重が乗っかっている足元を支えている「靴」は、選ぶ上で最も重要なアイテムとなります。

tatisigoto-kutu

立ち仕事中に履く「靴」選びは、作業をする上でも左右します。靴選びについてご紹介します。

立ち仕事で一番痛みが来るのが、「かかと」です。
踵を支えてくれるクッションなどが靴の機能に備わっていることが重要になってきます。薄いものだと、固い地面に当たる負荷が大きくなるため痛みや疲れも同じく大きく関わってきます。踵を支えてくれるクッションも素材や履き心地によっても異なってきますのでご自身で履いてみたときの感触と歩いた時の感触を入念にチェックしましょう。

中敷がしっかりしているものなのかもチェック項目に入れておきましょう。また、次に重要となるのが通気性です。長く履きたい靴だからこそ、臭いや空気がこもるのは避けたいものです。通気性の良いものを選び、衛生面も考えて購入しましょう。サイズなどもキツ過ぎず、ゆるすぎないものを選びましょう。ゆるすぎてしまうと、歩いた時、靴と足の摩擦によって靴擦れを生じてしまいます。

また、擦れて足底の負担も大きくなる恐れもあるのです。そして、逆にサイズがキツ過ぎてもいけません。キツ過ぎても、足の指などに負荷がかかり、圧迫されることで炎症を起こしやすくなってしまいます。

tatisigoto-kutu2

次に、靴は軽めのものも機能的に重要です。靴によって軽い、重いものと様々あります。軽いものの靴を選ぶのが無難です。重すぎてしまうと、足に負担がかかってしまいます。歩きやすく、動きやすい軽めの靴を選ぶこともポイントのひとつとして重要になってきます。

足は、体重がかかり歩いたり作業する上でも重要な部分です。近年では、立ち仕事に向いている靴や機能性が優れている靴なども登場しています。デザイン性なども含め、お好みの機能性と価格など選びご購入ください!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧