論理的思考を鍛える意外な遊び3つ


論理的思考を鍛える為に、子育ての中に遊びやゲームなどで取り入れてみたり企業などは、ロジカルシンキングを設け社員と一緒にいろんな課題を通して論理的思考を鍛えるといった取り組みを行っている場所も多く見受けられます。
論理的思考を鍛える意外な遊びを3つご紹介します。皆さんも子供のころによく遊んでいた遊びが意外にも「論理的思考」を鍛えられるのです。
tranp
その1【神経衰弱】
トランプで遊ぶゲームですが、このゲームもやることで論理的思考が鍛えられます。神経衰弱は、多くのトランプの中から同じ数字はどこにあるのか、または自分や相手が引いたカードを覚えていることによって、どこに何があってこうすれば点数が加算されるなど自然に論理的思考が働くのです。
これをどうすれば、こうできるのかといった流れに働くのです。
その2【ババ抜き】
このトランプ遊びも実は、論理的思考が鍛えらえるゲームです。
誰がババを持っていて、どの数字を誰が持っているのか予測したり引き当てたカードによって論理的思考が生まれます。どうやって早くゲームから抜けることができるかということを考えた上で意識的に思考が働き、勝利が決まるのです。
その3【7並べ】
7を中心に手札やカードを1枚ずつ引き出すことによって同じマークの数字を早く並べて手札をなくした者が勝ちとなるゲームです。パスも出来るが、4回パスすれば負けとなるゲームでもあり思考回路が働くゲームとして、子供たちの間でも自然と遊びとして取り入れられているゲームのひとつです。
tranp2
このように意外にも身近で子供のころから親しんでるゲームが「論理的思考」を自然と鍛えており、楽しみながら遊びとして学べる、鍛えれる大きなメリットがあるトランプゲームはとてもおすすめです。

お子さんから大人の方まで、幅広く参加できるゲームとして遊べるアイテムを使ってみなさんで「論理的思考」を鍛えてみてはいかがでしょうか!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧