食後に胃痛が発生、これは病気?


食後の数時間後に胃痛が起こる方もいらっしゃるのではないでしょうか。いきなりの胃痛に常備していた胃薬などで痛みを和らぐといった処置を行う方もいらっしゃると思います。

なぜ、食後に胃痛が発生するのか。これは、何かの病気なのか非常に気になるところです。痛みが来る理由としては、強いストレスを日頃から溜めていたことにより胃が荒れている状況でもなりますし食生活なども関わってきます。

shokugo

一般的に多い原因は、ストレスが原因と言われています。ストレスなどが原因で、正常な胃の働きを抑制してしまい、食べ物などが入った際にきちんと消化吸収出来ずに血管を拡張させてしまい、血流量も増え、痛みを起こすといったこともあります。

痛みが激しい場合は、自己判断で薬を飲む前に病院へ行き受診しましょう。胃痛は、一般的に考えられるものと病気が関わっている場合もあります。胃潰瘍などもその原因にあたるもので、胃の働きがよくないことで起こる胃痛が症状としてあげられます。

一般的には、胃潰瘍は食後の約30分から2時間後に痛みを生じることが多いとされています。また、食べ過ぎにより症状が長引く場合もあるとされており、注意が必要です。胃潰瘍などは、定期的に行われている健康診断などで発見させるケースが多いですが中には、健康的な胃なのに食後に胃痛が起こり、機能性胃腸症という場合もあるとされています。

ituu

その他にも、胃炎や十二指腸潰瘍などといった消化器系の病気が誘発要因となっている場合もあります。十二指腸潰瘍の場合も、症状が似ており食前または食後の約2~3時間後に痛みが生じるとされています。また、夜間にも症状を起こしやすいです。胃に関わる病名や思い当たる症状などございませんか?また、日頃から強いストレスを感じることはありませんか?

様々な環境によって、起こる原因も異なります。痛みがある際は、我慢せずに医師へ見せましょう。決して自己判断で動かずに、正確な診断のもと治療を行いましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧