意外!口内炎をはちみつで治す方法


口内炎が出来て、ご飯が食べづらい。また、大好きな食べ物で刺激のある辛い食べ物や固い食べ物や酸味のあるものも食べれない。といった口内炎が原因で熱いものも食べにくいといった経験もみなさんあるのではないでしょうか。

なんと、この口内炎に「はちみつ」が効果的という情報があるのです!この意外な「はちみつ」の効果は、本当にあるのか!その理由なども含めてご紹介したいと思います。

hachimitu

まず、「はちみつ」がなぜ良いのか。ハチミツの粘性により、口内炎部分にまくを張るといった状態で、外部からの食べ物などの刺激を防いでくれます。この粘り気に効果があり、刺激を受けにくくしてくれるだけではなく痛みも軽減させてくれるといった効果があるのです。

しかし、ハチミツを塗ったからといって刺激物や固形物などを普段通りに食べていいわけではありません。全ての刺激物や固形物など刺激となるものを防いでくれるわけではありません。

ハチミツには、成分として抗菌や消毒作用もあることから治療を早めるものだと言われています。また、口内炎の原因として抵抗力の低下や栄養面、睡眠不足も原因で起こります。そして、その他にも病気や過労などによって体力の衰えも原因に入ります。

mitubachi

口内炎になった場合は、はちみつとその他にも安静にし、十分に睡眠を取り、栄養としてビタミンB2も摂取しカロリーのあるものも摂りましょう。この時に水分も十分にとりましょう。

口の中でハチミツが無くなってしまった場合は、手を清潔に洗い指などで優しくハチミツを口内炎部分に塗りましょう。手を洗わずに、そのまま指で炎症を起こしている場所に触れてしまうと、余計な細菌まで入ってしまい炎症をさらに酷くさせてしまう可能性もありますので、きちんと手洗いうがいも行いましょう。

そして、予防や改善のためにも口内は清潔に保ち、就寝時や食後などは歯磨きをきちんと行いましょう。口内炎はあまりいじらずに、治るまではハチミツを塗るなどし処置しましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧