出来ると嫌な背中のニキビ、原因を知って予防しよう!


背中ニキビに悩んでいる年頃の女性も多いでしょう。夏場など露出が増える時期に発覚してしまう背中ニキビなど、手入れが行きにくい背中は意外とニキビが出来ている方も多いのです。

なぜ健康なのに、顔と違ってニキビが出来にくそうな背中に出来てしまうのか。その原因として、以下のことが考えられます。

nease

一つ目は、【寝汗】です。
人は日中、汗をかくことが多いです。また、寝ている間も汗をかいていて、背中は一番汗がかきやすい場所でもあります。

二つ目に、【洗濯洗剤、柔軟剤】です。
常に肌に触れている服を洗濯する際に使用している柔軟剤や洗剤にも意外と原因が含まれているのです。洗剤や柔軟剤の成分が服に少し残っているだけでもその成分が肌に合わなければ肌が敏感に反応してしまいニキビが出来てしまうといったこともあります。

三つ目は、【日焼け、乾燥肌】です。
日焼けもニキビをつくってしまう原因でもあり、皮膚の角質を硬くしてしまいます。背中など日焼けをすることで、ニキビができやすくなります。また、乾燥肌は、皮膚の乾燥が原因で冬場や夏場でも背中にニキビが出来てしまいます。

四つ目は、【食生活】です。
日頃から脂っこいものやチョコレート、ナッツ類やケーキのような糖分の高いものも過剰に摂取しているとニキビを作ってしまう原因になります。

最後は、【ストレス】です。
ストレスによって、体が緊張状態になり血流が悪くなります。血流が悪くなることで、過剰な皮脂分泌がされてしまい、ニキビができやすくなります。予防としては、以上のことが当てはまる場合は、これらをなるべく避けて使用しないようにしたり肌を労ってケアーをきちんとしたりなど保湿も入念に行いましょう。

shanpuuu

肌に合わない洗剤やシャンプーまたは、整髪料や柔軟剤なども使用する前に見直す必要があります。悪化させないためにも、今使用しているものや食べているものなどの改善が必要となります。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧