盲腸を薬で散らした場合の再発率は?


今回のテーマは、「盲腸を薬で散らした場合の再発率は?」についてです。盲腸の治療方法は、様々ですが手術せずに薬で散らすなどの方法もあるようです。散らすというのは、薬などで痛みを緩和させ、手術を行わずに症状を抑えるといったことをいいます。

ki

しかし、炎症が酷い場合は、手術をすすめられます。手術方法は、虫垂切除術などです。そして、炎症が軽度の場合は、絶食と点滴による抗生物質と投薬治療によって回復を試みる場合もあります。

薬で散らした場合、再発率はどのくらいかについて
お薬で散らす方法は、再発する可能性が高いとされています。また、若い人ほど再発率も高くなります。多くの人が、三度まで薬で散らしても再発してしまい、医師からすすめられた手術をする方もいらっしゃるようです。

不安な方は、医師へご相談されてください。また、今後お子さんを考えていらっしゃる方は、早めに盲腸の手術を受けることをおすすめします。炎症して膨張してしまう前に、盲腸を取り除くことをおすすめします。妊娠中に盲腸を引き起こすと、炎症などでお腹が圧迫するなどデメリットも多くなるといわれています。

umikaze

放置すれば、腹膜炎になる恐れがあるため、注意が必要です。腹膜炎になると、長期入院になり、最初に薬で散らしていたよりも日数が更にかかってしまい最終的に手術ということになります。いつ痛みが出てしまうのか、また盲腸になってもまた薬で緩和しようなど考えることにより知らず知らずにストレスがたまって腸内環境が悪化する傾向もありますので不安に思ってしまう方は、医師との相談の上、手術など治療についてご相談されるといいでしょう。

また、盲腸の際は、刺激物や堅い物の食べ物を避けた方がいいとされています。腸に影響を及ぼしかねないので、避ける必要があるのです。盲腸の疑いがある場合などは、早めに診察されてください。我慢などしすぎると、最悪の場合、破裂して生死をさまよう場合もあるとされていますので気をつけましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧