盲腸で入院した場合の平均入院期間とは?


今回のテーマは、「盲腸で入院した場合の平均入院期間」についてです。盲腸による腹痛は、我慢できないほどの痛みですね。我慢してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか、時期治まる、どうせいつもの腹痛だろうなどと思って放っておくと、手術が必要になったり、最悪の場合、死に至るケースもあるので簡単に考えずに医師に見せることが大切です。

umibedechapuchapu

盲腸になり入院した場合の入院期間は、どのくらいあるのか。人によって入院期間も異なりますが、約1週間前後が一般的とされています。中には、症状の回復次第で、1週間もかからずに数日で退院されることもあります。

盲腸の症状が生じて、病院に行った際には検査から入り「盲腸」なのか診断されます。検査には、お腹を押すといった触診や採血を受けます。血液検査には、白血球やCRPといった体の炎症を表す数字で「盲腸」かどうか判断出来るとされています。

また、超音波での検査では腫れた虫垂を捜し、造影CTという検査も受けることになります。この検査が盲腸の決定打になります。投薬方法かまたは手術などで治療が行われます。

suiro

治療後も安静にしていただき、問題なく順調に経過すれば数日~1週間ほどで退院出来ます。退院日数や通院なども医師の判断によります。まれに合併症を起こしてしまうと厄介です。虫垂辺りに細菌のたまりが出来てしまう「腹腔内腫瘍」になってしまうと、再手術や再度長期の点滴治療が必要になる場合もあるようです。

また、盲腸で入院して手術した場合の費用としては、保険適用で入院日数にもよりますが、約6万円~9万円ほどになるとされています。入院日数がのびると、費用も増します。入院期間も医師による判断で決まりますので、お金のことばかり考えて即退院などまた悪化させてしまう行動はしないようにしましょう。入院費を払えない場合は、役場などで高額医療費の相談に入ってみるのも一つの手かもしれません。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧