筋肉痛がある超回復中はトレーニングを控えるべき?


筋トレや運動した後など、筋肉痛を起こす方も多いのではないでしょうか。久しぶりに運動したり、または普段使わない筋肉を使った時に起こる筋肉痛。その筋肉痛がある超回復中には、トレーニングを控えるべきなのでしょうか。
kintore
超回復中の場合には、トレーニングを控えるべきです。なぜなら、超回復にかかる時間は、約48時間~72時間といわれています。この超回復している時間帯は、筋トレを行っても逆効果になってしまいます。
この場合は、筋トレを行わずに休養に充てましょう。この段階で、筋トレを行っても筋肉の損傷された部分が修復されず、筋肥大されにくくなります。筋トレは、毎日行わずに週2~3のペースで行うのが良いとされている理由もここからきているとされています。
ここで、筋肉痛の超回復をご存知でない方へ超回復についてご説明をいれます。筋トレや運動を行った際に、使った筋肉は一度損傷され筋繊維を修復しようする過程で以前の筋肉よりも大きくしようとします。これが筋肉の超回復といわれています。筋肉痛を起こしている場合は、休養も含めそれでも体を動かしたい方は、無理に行わない上で筋トレではなくウォーキングやランニングなどの軽い有酸素運動などしましょう。
kintore2
筋肉量を増加させる為には、成長ホルモンが大切です。成長ホルモンは、疲労回復や肉体細胞を修復してくれるものなので大切な役割を果たしてくれます。午後10時~午前2時までの時間帯が成長ホルモンの分泌がされるとされています。
効率的な超回復を行う為にも、筋肉の素となるアミノ酸やタンパク質も十分に摂取することをおすすめします。プロテインなどで必要なものを体内に取り入れて筋肉量を増やしていきましょう。最後に、アミノ酸は筋繊維の修復を早める効果があり筋肉痛防止や回復を早めてくれます。摂取し過ぎはダメですので、きちんとした量で綺麗な筋肉と筋肉量をつけましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧