異常な食欲?犬のクッシング症候群とは?


今回のテーマは、「異常な食欲?犬のクッシング症候群とは?」についてです。みなさんの飼われている愛犬は、クッシング症候群なっていませんか?愛犬のちょっとした症状や行動が気になるなど不安に思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。
そのクッシング症候群についてご紹介します。クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンというものが過剰に分泌されることによって、様々な症状が引き起こされます。高齢の犬にも見受けられる病気のひとつとしていわれています。
wanwanko
そして気になる症状としては
・水をたくさん飲む
・食欲が異常に増す
・体重が落ちる
・尿の回数や量が増える
・全体的に毛がうすくなる
・お腹が腫れる/はってくる
などの症状が主にあらわれます。
そして、まれに糖尿病を併発する恐れがありますので、注意が必要です。その他に、ジャンプや運動・散歩をしたがらないなどの行動が表れ、皮膚も薄くなり黒ずんだり、脂っぽくなったりすると言われています。
また、愛犬の避妊をしていない場合は、発情が止まったりすることもあるとされています。病気が進行し、悪化してしまうと、元気がなくなりずっと眠ってばかりという症状もみられます。
akitakenkana
このようにクッシング症候群を発症し、免疫力が低下した場合は、その他の感染症などにもかかりやすくなり命に関わる場合もあります。クッシング症候群は、主に6歳以上の犬に多くみられるといわれています。
まれに、1歳未満の犬にも見られる場合もあります。犬種問わず、発症するといわれていますが特に、ポメラニアン、ダックスフンド、プードル、ボクサー、ボストン・テリアなどにも発症しやすいケースがあります。また、コルチコステロイド剤というアトピー性皮膚炎などの症状に使用される薬の使用をやめた場合の副作用としても、クッシング症候群を引き起こす場合があるとのことです。
クッシング症候群の治療方法としては、薬物治療が一般的に行われています。病院や症状または合併してしまった病気によっては、外科手術や放射線治療などを行うこともあるとされています。
早期発見と早期治療が大切となりますので、飼い主のみなさん!愛犬の行動や症状などがおかしいと思いましたら病院へ連れていきましょう。少しでも変だと思ったことは、医師へご相談されるといいでしょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧