拝啓を使った手紙の書き方


近年では手紙を出す事も少なくなり、手紙の書き方が良く分からない人も多いと思います今回は手紙を書くにあたって、頭語に使用する拝啓の例文など用いてご紹介します。

手紙を書く際、頭語となる語の「拝啓」は、一文字下げずに書きます。そして「拝啓」の後は、一文字空白をあけます。その後は、前文を書き出します。また、「拝啓」で書きはじめた場合は、結語に「敬具」で結ぶのが決まりです。

haikei2

例文として、「拝啓」の後に好ましい文章を一部ご紹介します。

1月のお手紙の場合
初春、新春、寒冷、厳冬、酷寒などのキーワードを使用し、前文に文章を書きましょう。

【頭語】
拝啓 皆様お元気で新年をお迎えしたことと存じます。
寒さもありますが、照らし出す陽射しが寒冷を忘れさせます。

【結語】
今年も幸多き年でありますようお祈り申し上げます。
本年も何卒宜しくお願い致します。

など

2月のお手紙の場合
立春、寒明、季冬、残雪などのキーワードを使用して、文章を書き込んでみましょう。

【頭語】
拝啓 残雪がまだありつつも寒さの中にも
凛と咲くたんぽぽが春の訪れを知らせてるかのようです。

【結語】
まだ寒さが厳しい季節ではございますが、皆様お元気でお過ごしください。

など

3月のお手紙の場合
早春、浅春、水ぬろむ、菜種梅雨などのキーワードが季節らしさを際立たせます。

【頭語】
拝啓 桜の花が待ち遠しい毎日です。
寒さがやや残りつつありますが、春の訪れに胸がはずみます。

【結語】
寒さもあと一息です。春とともに皆様にも幸せが訪れますことを願っております。

などといった季節にちなんだキーワードを入れて前文と頭語とセットの結語を書くと手紙から季節感が感じられ読み手の方にも春夏秋冬のイメージが伝わりやすくなります。

haikei

夏には、初夏や梅雨、猛暑や酷暑などのキーワードが非常に多く使われることがあり秋には、初秋、白露、秋冷、秋涼、紅葉などのキーワードになります。やはり、相手のことを思って書く手紙ですので、ひと味付け加えたあなたらしい手紙で言葉や彩りをつけて送りましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧