ストレッチポールで体を鍛える使い方


今回のは、「ストレッチポールで体を鍛える使い方」をご紹介します。ストレッチポールとは、細長い柔らかい素材で出来たポールでそれを使ってエクササイズが出来る活気的なアイテムです。

stretchpole2

このストレッチポールを使用したエクササイズによって、日頃の積み重ねで歪んでしまった「体のゆがみ」など改善できることも可能なのです。ストレッチポールを使ったエクササイズをすることによって、体のゆがみから引き起こす「冷え性」「腰痛」「膝の痛み」「むくみ」「血行不良」などを改善できます。

様々なエクササイズで体を鍛えて「体のゆがみ」やインナーマッスルを鍛えて健康な体作りをしましょう。体のゆがみを正すエクササイズと体幹を鍛えるトレーニングをご紹介します。

(1)バストアップの効果あり!胸を正しい位置へ
ストレッチポールに仰向けで乗り、体を浮かせた後、両足は立てて、両腕は床につけます。床につけたままの両腕をゆっくり肩の高さまで伸ばして開いていきます。この時に、つっぱる感覚や痛みがある場合は手前で止めましょう。

リラックスすることも目的としてありますので、肩の力を楽にぬける場所を見つけましょう。両腕を広げたら、肘を軽く曲げましょう。この時に、ゆっくり大きく深呼吸しましょう。このエクササイズは、5~7分程度で行いましょう。また、キツいまたは痛みがある場合は、ゆるめて無理せず行いましょう。

(2)腕上げのトレーニング
ストレッチポールに仰向けで乗り、両腕は天井に向けた状態で上げます。その際に、脚は膝を軽く曲げ少し開きます。両腕は天井向けに上げた状態で、右側の腕を頭の方へ持っていき動かします。そして次は左側の腕を頭の方へ持っていきます。この時に右側の腕は元の位置に戻し天井に向けます。

これを左右交互に動かして行うトレーニングです。腕を動かしていても、ストレッチポールの上で安定するかたちで体制を保ちましょう。このトレーニングは、腕はもちろん肩まわりにも効きます。肩こりなど改善できるトレーニングでもありますので、ぜひ試してみてください!

stretchpole

注意事項は、無理せずリラックス状態で行いましょう。痛みやつっぱる感覚がある場合は、ゆるめましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧