ピロリ菌の除菌で考えられる副作用


みなさんは、ピロリ菌についてご存知でしょうか。あまり認知されていないピロリ菌の恐ろしさについてご説明した後にピロリ菌の除菌で考えられる副作用についてもご紹介します。

ピロリ菌とは正式名称を「ヘリコバクター・ピロリ」と言われており、胃の中の強い胃酸にも強く厄介な菌です。胃の中で繁殖する為、「胃もたれ、違和感、胃痛」といった症状を起こします。最悪の場合、胃がんにもなりやすくなる原因のひとつとしても考えられています。

pirori

ピロリ菌にかかりやすいのが、中高年とも言われています。幼少期に過ごした環境によってピロリ菌を体内に潜伏させている可能性が高いのです。ピロリ菌が発見される原因として、幼少期に井戸水を飲み水など生活用水として使用していたことなど衛生状態が悪い環境で菌が繁殖するため、井戸水など使用していた方の多くが感染される可能性が高いのです。

ピロリ菌を治す方法としてピロリ菌の除菌と投薬の治療方法になります。ピロリ菌の除菌は、以前まで保険対象外だったのですが近年では、ピロリ菌の除菌が保険対象となり受ける方も増えてきている傾向にあります。

しかし、ピロリ菌の除菌を受ける中で副作用が出る方も出てきており、起こりやすい副作用についてご紹介します。

副作用の症状としては
・下痢
・腹痛
・味覚障害
・アレルギー症状(じんましん・発熱・逆流性食道炎)

以上の副作用が出る可能性があります。副作用が出た方は、専門医にご相談されることをおすすめします。ピロリ菌の除菌を行うことで、胃がんのリスクを軽減したりピロリ菌除去へ繋がります。

roadobthepirori

近年では、投薬やピロリ菌の除菌を行うと共に「LG21」という乳酸菌を一緒に摂取することで、ピロリ菌撃退の効果が高くなるとされています。「LG21」の乳酸菌は、市販のスーパーやコンビニなどでヨーグルトとして販売されています。

既に治療を始められている方やこれから治療を受ける方も、「LG21」の乳酸菌を一緒に摂取することもおすすめします。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧