白内障を治す手術の費用はいくら?


今回のテーマは、「白内障を治す手術の費用はいくら?」についてです。白内障とは、目の中にある水晶体というレンズが濁る病気です。目の中のレンズが濁ることで視力低下やその他の症状があらわれます。
その他の症状として、明るい場所へ出ると眩しくて見えにくくなる、ぼやけて視界が二重三重に見えてしまう、眼鏡が合わなくなるなどの症状があらわれます。
hakunaishoukamo
原因としては、加齢に伴う老人白内障が多いです。60歳以上で70%~更に年齢を重ねるに連れて発症するリスクが高くなります。また若年層の方でも発症されているケースもあります。それは、目の外傷やアトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などが原因で白内障になるケースもあるとされています。また、生まれつき先天性のものもあります。
では、白内障になった際、治す手術はどのくらいするのか、また手術で治る可能性はどのくらいあるのかについてご紹介します。
moyamoya
白内障が進行した場合には、手術以外での視力回復する手段は他にないといわれています。白内障の手術では、水晶体の濁りを取り除くために、人工水晶体の眼内レンズというものを移植する手術が行われます。
また、その他にも網膜や視神経や角膜などに問題がなければ、視力低下の回復に期待ができます。近年では、超音波水晶体乳化吸引処置や折りたたみ眼内レンズといった小切開手術により、以前の手術に比べて比較的早い回復が見込めるようになりました。
また、手術は通常の場合でも約15分ほどで終わることもあるそうです。続いて費用について、治療費用は保険対象となります。
narscallbottun
ですので、老人医療の場合、1割負担の約1万6千円程度になり老人医療の高額所得世帯の場合、2割負担の約3万2千円程度になります。一般の国民健康保険の場合は、3割負担の約4万8千円程度とやや高めになります。次に、社会保険も同じくらいの手術費になります。また、検査や投薬、通院日数や病院によって費用も異なってくる場合があります。
入院については、一般的に入院なしの日帰り手術が可能です。回復が早い人では、手術後の翌日から視力改善が分かる方もいらっしゃるようです。また、目の状態を安定させるためにも、十分な安静が必要です。
手術後は、翌日~2ヶ月ほど個人差によって通院される日数が異なります。しかし、手術後は通院していただくことになるので、通院に関しては担当医とご相談し決めていく流れとなります。
目の状態が安定した後でも年に1・2回の検診を受けていただくかたちになります。また、手術を受ける上で、まず血液検査と血圧測定を行うなどその他に身体検査や網膜の働きをみる必要があります。
検査を受けたあとに、手術日など決め進むかたちとなります。気になる点は、専門医にご相談ください。また、早期治療で回復も早く見込める可能性も高くなるといわれていますので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧