閉塞性黄疸の症状や治療法、原因など


閉塞性黄疸と聞いてピンっと来ない方も多いのではないでしょうか。
あまり知られていない病気と思われがちですが、発症しているケースは多い疾患です。今回は、その閉塞性黄疸についてと症状や治療法、また閉塞性黄疸になる原因についてご紹介します。
tori
はじめに、閉塞性黄疸について
閉塞性黄疸とは、様々な働きをしている肝臓が異常をきたし、それにより閉塞してしまい本来の働きが出来なくなる疾患です。詳しくご説明しますと、肝内胆管も含まれますが、その肝内胆管の異常により閉塞し、胆汁分泌が阻害される病気です。
腸の中に排出されるべきの胆汁が血液中を逆流してしまい、それに伴い起こる黄疸を「閉塞性黄疸」といいます。胆汁とは、主に脂肪を分解する消化液を作る働きがあります。
また症状としては、体や眼球の白い部分が黄色くなり、体中がかゆくなる症状もあり、悪化している場合は尿が茶色くなり便が白くなるといった症状もあらわれるとされています。便が白くなってしまう理由としては、胆汁が正常に腸に流れなくなっていることが原因で起こる症状です。
sunahama-i
そして尿が茶色になる理由は、血液中に逆流してしまった胆汁が腎臓から排泄されてしまうために起こる症状です。また、閉塞性黄疸の状態が長く続いてしまうと、肝臓と腎臓といった臓器に大きな悪い影響が起きます。
胆管の中にある胆汁が細菌に感染する「細菌性胆管炎」を起こす可能性も出てきます。「細菌性胆管炎」を起こしてしまうと、最悪の場合、命に関わる危険性が出てきますので、注意が必要です。
閉塞性黄疸になる原因としては、一番多いといわれているのが「総胆管結石」です。その他には、「胆管がん」「膵頭部がん」などの原因もあるとされています。一番多い原因の「総胆管結石」とは、胆管に結石が入ってしまうことで閉塞性黄疸を発症します。
その他にも、胆嚢内に石が落ちることが原因で起きる場合と総胆管内に直接石ができる場合で起こります。急激に結石がつまるといったことが起こるわけではなく、多くの場合、上腹部の痛みや発熱などの症状が報告されています。
治療法としては、閉塞性黄疸を起こしている原因によって様々ですが「総胆管結石」の場合、内視鏡などで結石を取り除く治療になる場合が多いです。胃カメラのようなカメラでの治療が主流のようで、体への負担もやや少ないとされています。
asayake
ガンになっている場合は、手術が必要になり切除といった治療が行われます。手術が不可能は場合は、胆管につまっている箇所に金属管を入れるステント留置などが行われます。閉塞性黄疸は、ご自身でも自覚するケースも多いです。また身近の人や家族・知人などからも言われて気づかれるケースもあります。
少しでも気になる点や、白目の部分が黄色い気がするなど思い当たる方は、専門医へ診察されることをおすすめします。また、閉塞性黄疸になってしまった場合の治療方法や経過により手術が必要な場合なども、専門医とご相談ください。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧