a型肝炎の感染経路、潜伏期間、予防方法


「A型肝炎」、ニュースなどで耳にした方も多いのではないでしょうか。でも、一般的にどういった症状で感染源がどこからくるのかなどきちんと答えられる方も少な
いのではないでしょうか。

そのA型肝炎の感染経路と症状、予防策などについてご紹介します。A型肝炎とは、A型肝炎ウイルス(HAV)感染による疾患です。感染経路は、A型肝炎ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類などを生で食べることによって感染します。

yasai

また、感染者内にいるA型ウイルスは、糞便中に排泄されますので、便から出てきたA型ウイルスが口から入ることでその他の人も感染することがあります。汚染された器具や手指などからも感染するケースもありますし、飲食店を介して感染されたり、海外渡航者の感染も多いとされています。

その他にも感染原因としては、こどもたちなどの世話をするデイケアーでの感染の可能性、男性同性間の性行為、静脈注射での麻酔使用や食中毒、水の汚染による発生の疑いなどもあります。

また、感染として一番恐ろしいのが、感染してしまった小さな子供達は自覚症状もあまり出ず、衛生面もあまり積極的ではありませんので、知らない内にこども達が感染源になってしまう場合もあります。

子供達は、生まれた時に母親から抗体をもらいA型肝炎ウイルスからの感染を守る役割がありますが、その抗体がだんだん少なくなると感染しやすくなるケースもあるようです。また、母親からの母子感染はないとされています。

yousuiro

A型肝炎は、発展途上国などでは蔓延してしまいますが、先進国では上下水道の整備がきちんとされている為、感染率も感染者も激減しているとされています。しかし、このA型肝炎の感染が少ない状態が続くと抗体陰性者が増加するため、日本では50歳以下での抗体陰性者は少ないとされています。

なので、小さい子供達など抗体が少ないため、衛生面でしっかり環境の整備をしてない場合は感染しやすい可能性も高くなるようです。A型肝炎ウイルスは、体内に入って発病するまでに潜伏期間があり、通常でも15日~50日、平均で約30日とされています。

tearai

症状としては、食欲不振、嘔吐、吐き気、腹痛や発熱、頭痛などといった症状が多くみられます。また、タバコを吸われる方でもタバコが嫌いになったり、悪寒や咳や下痢、便秘といった症状も報告されています。

黄疸といった症状よりも先立つ前触れ症状期間は、5日~2週間以上にわたると言われています。通常は、前触れの症状がみられた後に黄疸の症状があらわれはじめます。黄疸の症状期間は、数日から約1ヶ月間と人によって期間は様々です。また、若い方はその期間が短い傾向にあります。

A型肝炎は、胆嚢炎、膵臓炎、肝臓炎になる可能性もありますので、十分注意が必要となります。上記の症状などで該当する場合やまた気になる点などある場合、専門医に相談することをおすすめします。

また近年では、発展途上国からの輸入食料品などが増えているため、A型肝炎の予防策としては社会的にも問題として認識されている傾向にあります。予防のためには、手をよく洗うことを習慣づけましょう。料理などはよく加熱して食べましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧