味覚障害で食べ物が苦く感じるのはストレス?


私達は何故料理を食べた時など、おいしいと判断するのでしょうか。決して食べ物自体そこにおいさしというものが発生している訳でもありません。 見た目、臭い、味、そういうものを総合判断を脳がして決める訳です。
oyatutime
味覚とは脳に伝達するための非常に大切な役割を担っている訳です。そして、みなさんご存じのように味覚には、甘み、塩味、うま味、酸味、苦みがあります。私達は、この味覚によって、おいしいと判別する訳ですが、こおいしいという意味は、身体に必要なものを教えてくれている訳です。
しかしそれだけでなく、食べてはいけないものとのしっかりとした区別を教えてくれているものなのです。私達に味覚がなければ何でもおいしいと口にしてしまい、人間はすぐに死滅してしまっているかもしれません。
味覚とは私達の外界の脅威から守ってくれているものだと理解していただきたいのです。最近では特にいろいろな感覚障害起こす人もいらっしゃるようです。その中に味覚障害があります。
味覚障害の症状は、食べ物が薄い味に感じるケースもあるようです。そして、味が全く判らないと言ったケースも出現するようです。そして、こんなにおいしいものが、非常にまずく感じるという人もいらっしゃるようです。特殊に味として受け止める人もいらっしゃいます。
gohan
そして、極々味覚障害で多いのは、苦く感じるというケースです。味覚障害の原因はなんなのでしょうか。多くは食事の関係、薬服用の関係、そして、ストレスと言われています。しかし、まだまだ判らない点も多いようです。
最近になって亜鉛などが味覚に重要な関わりを持っていることがわかってきました。亜鉛欠乏症になると味覚障害になる可能性があると言われています。降圧利尿剤、解熱鎮痛消炎剤、抗ヒスタミン剤、ペニシリン系を中心とした抗生物質などなど、長期使用によって味覚障害になるようです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧