肋間神経痛の痛みを和らげるツボは?


肋間神経痛とは、背中や体の側面部分に強い痛みが発生する神経痛なのです。肋骨が動く胸郭運動で、痛みが誘発されたり強くなったりします。

突如として痛みが発生するみたいですね。とても鋭い痛みです。何かまるで神経痛ではないような痛みにも感じる訳です。そして、肋間神経痛ではなく内蔵疾患でも同じような痛みが起こる場合があるため、まずはその痛み肋間神経痛であることをしっかり受信によって把握していただきたいですね。

rokkotusinkei

そして、肋間神経痛の症状が激しくなると、その神経からさらに離れた場所まで痛くなることもあります。投射痛と言います。尚更それが肋間神経痛か判断つきにくく違う病気からその痛みが発症している可能性も捨て切れません。

肋間神経痛だと思ったいたが肺ガンや、肺炎だったという可能性もあります。骨粗しょう症から肋間神経痛の症状が発症する場合もあるようです。肋間神経痛の原因は正確にはわかっていません。

tukusi

実際には様々な理由が考えられるのです。一番大きい原因は所謂現代病の要素の一つとしてストレスが考えられる訳です。まず肋間神経痛は冷やさない方がいいと言われています。

生活習慣の中で、冷えというものはちょっと注意していただきたいポイントです。鍼灸治療は肋間神経痛に非常に効果的です。肋間神経痛で痛みのおきている肋間部位、その肋間神経の神経根へと針刺激することで、痛みを軽減させていきます。ただ、 鍼灸治療でなくても最近では、ネットなどで自分一人で出来るツボ療法など紹介されているようですね。肋間神経痛に効果的なつぼは複数あります。

tukusikana

・神封(しんぼう)
左右の乳首から指3本分くらい真ん中にずれたあたりにあります。あお向けに寝た状態で、左右両方のツボを同時にゆっくりと強く押します。

・げき門(げきもん)
腕の内側の中央あたりになります

・中府(ちゅうふ)
鎖骨の下にあります。肩の関節と第二助骨の間あたりになります。

・だん中(だんちゅう)
左右の乳首を結んだちょうど真ん中あたりです

・缺盆(けつぼん)
鎖骨の上のくぼみができるあたりです。指二本で強く押す感じで刺激を与えてください。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧