ごぼう茶は飲みすぎると副作用がある?


ちょっと最近話題になっているものがごぼう茶です。ごぼう茶を飲めばなんと二十歳若返ると言われているではありませんか。そういうこと言われたらやっぱり関心持ってしまいますよね。
サポニンやイヌリンがごぼう茶には非常に豊富ということなのです。サポニンには、コレステロールをさげ、脂質の酸化を抑制し、血栓や動脈硬化を予防する効果があります。イヌリンは、冷えやむくみを軽減する働きがあります。
goboucha
ごぼうを加熱することで、よりごぼうの抗酸化力が高まると言われているのです。加熱して効果を失わないということは私達にとって利用の面からも有り難いことなのです。だから巷では最近非常にごぼう茶という存在が注目浴びている訳です。
しかし、ちょっとごぼう茶も別の意味で最近また注目受けているようです。それはまさにごぼう茶の副作用の話しではありませんか。世の中にはこういう流れがある訳です。つまり効果の方が早く判るので、効果が非常にクローズアップされるものの、後からじわりじわりと副作用という言葉がダメージ与える訳です。
サポニン、イヌリン、他には食物繊維、リン、カリウム・・・。ごぼう茶の中の植物繊維が腸を傷つけてしまう可能性があるようです。潰瘍性の大腸炎が起こっているような人はちょっとごぼう茶はおすすめ出来ないですね。
cha
サポニンにも副作用起こる可能性ありです。サポニンの界面活性作用は細胞膜を破壊する可能性があります。赤血球を破壊してしまうようです。サポニンはコレステロールを分解させるものですが、決して悪玉コレステロールを破壊するだけのものではないようなのです。
同時に善玉コレステロールをも分解してしまいます。ごぼう茶ってなかなか判断難しい飲み物みたいですね。これ以上追求する必要もありそうですね。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧