肺炎にはうつるものとうつらないものがある?


日本人の死因として4番目に多く、65歳以上の高齢者では1番多い肺炎です。高齢化社会に向かってちょっと注意していただきたい点です。肺とは非常に私達に大切な臓器です。
この有り難みとは病気になってはじめて気付くものなのでしょうか。体内の二酸化炭素と、体内に取り込んだ酸素を肺で交換します。
haien-uturu
細菌やウイルスなどの病原体に感染してしまうのが肺炎なのです。高齢者が肺炎にかかる理由は、やっぱり身体の免疫力が低下していることにあります。だから、若い人たちが及ぼされない肺にまで病原体は侵入して来てしまう訳です。
せき、発熱、胸痛、痰がでる・・・。実際に肺炎とは風邪の症状に似ている訳です。しかし、段々と症状が重たくなって気がつけば重い肺炎にかかっていたと言ったところでしょうか。先ほど言いましたように肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原体に感染してしまうことを言います。
samui
ひょっとしたら肺炎は人にうつるものなのでしょうか。うつる肺炎とそうでない肺炎があるようです。そして、うつる肺炎として結構最近聞くようになったマイコプラズマ肺炎があります。マイコプラズマニューモニアという病原体が引き起こ肺炎です。
このマイコプラズマニューモニアは人から人へと感染するのです。肺炎は高齢者が多くかかる病気ということで、非常に老人ホームなどでマイコプラズマ肺炎に警戒しているようです。マイコプラズマ肺炎の特徴は咳です。熱が出ないあまり重くない症状に見られるケースもあるようです。
haien
二週間以上咳が続くようならまずはマイコプラズマ肺炎も疑うべきなのではないでしょう。肺炎らしくない症状を伴うものがこのマイコプラズマ肺炎のようです。マイコプラズマ肺炎はそれ程恐い病気ではないという言い方をする人もいらっしゃるようですが、それは早期発見してのことです。
なかなか見極めが出来ないうちにどんどん人から人へと伝染してしまうのがこのマイコプラズマ肺炎恐い点なのです。早めに受診をして、抗生物質治療などしていただきたいものです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧