飛蚊症は治る病気なのでしょうか?


飛蚊症という言葉も非常に良く聞きます。果たして飛蚊症とは一体なんなのでしょうか。蚊が飛ぶ症状です。
それは一体どこに飛ぶのかと言えば、目の中に蚊が飛んだような感じになってしまう訳です。どうしてそういうことになってしまうのかちょっと原因究明したいですよね。 しかし、実際に蚊が飛んでいる訳ではありません。
hibunshou
目の中で蚊が飛んだような感じがししまう訳です。蚊というよりも小さな浮遊物が一杯飛んだ感じがしてしまう訳です。浮遊物には糸状のものも症状としてあるようです。だから、蚊に見えないからと言って、それも飛蚊症の一つかもしれません。
そして、瞬きしても、目の視線を変えてみてもなかなか消えてなくならない特徴があります。飛蚊症には、加齢によるもの、そして病気の場合があるようです。そして、軽い症状として生理的に起こるケースもあるようです。
しかし、飛蚊症は、網膜裂孔などの治療が必要なケースもあります。いずれにしてもちょっと注意しなければならない症状です。飛蚊症で一番多いのが、後部硝子体剥離なのです。
硝子体の濁りによって飛蚊のように見えてしまうものです。硝子体とは年々収縮していきます。ある年齢になると硝子体膜が網膜からはがれてしまうのです。これが後部硝子体剥離なのです。
katorisenkou
老化とは無関係ではないものです。現代社会のストレスなどは老化に拍車かけるかもしれません。最近では非常に飛蚊症状の人たちも多くいらっしゃるようです。しかしこのような飛蚊症は一体どうしたら治るのでしょうか。
飛蚊症や後部硝子体剥離はある意味老化現象であり、あまり深く心配する必要は無く、基本的には治療も行われません。そして、物がゆがんで見えたり急激に視力が低下したときには、他の病気も考えられますので、しっかりと眼科の受診をするようにしてください。
後部硝子体剥離自体は老化現象と言っても、硝子体が網膜から徐々にはがれる際に網膜の表面を引っ張ってしまうことによって、網膜が破れて穴が空いてしまうことがあります。これが網膜剥離なのです。網膜剥離には手術が必要になります。
hibunshou2
治したいけど治せない。飛蚊症は老化の一種なのです。しかし、現在では絶対的に治すことが出来ないものとも言いきってはいないようですよ。それは老化と一緒で、老化だって予防や、若返らせることも可能ではありませんか。
飛蚊症改善プログラム など根気よく取り入れてみてはいかがでしょうか。そして、網膜や水晶体に多く含まれるルテインに注目した栄養補助食品も最近では販売されているようです。ちょっと期待がもてそうですよね。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧