相撲ファン以外にも知ってもらいたい相撲甚句


相撲甚句とはなんなのでしょうか。正直最近では言葉も聞いたことのない人も多くいらっしゃることでしょう。ちょっとここでその相撲甚句についてお話ししたいと思います。

kokugikan

甚句といえば、民謡の秋田甚句、米山甚句、木更津甚句などが有名ですよね。まず甚句とは何かについてお話ししなければならないです。それは民謡の一群です。参加者が順番に唄い踊る形式の酒盛り唄や盆踊り唄です。

基本は七・七・七・五です。簡単に言ってしまえば全国にある“唄”のことなのです。では、相撲甚句とは。どすこいと相撲取りはよく言いますよね。これも相撲甚句のかけ声もどっこいというものが転じたものだと言われているようです。

相撲の世界でも力士が唄う唄というものがあるようなのです。もう既に江戸時代からはじまっていたようです。相撲甚句は江戸時代から力士達の間で口から口へとそして現代まで伝えられてきました。

dohyou

相撲に関心ない人はやっぱり認識薄いかもしれませんが、相撲取りは未だ巡業で披露したりするようです。昔は甚句の事を型と呼んでいました。相撲取りが土俵の上で攻める型、守る型を見せながら唄っていたのです。

現在では、相撲取りは、化粧廻しを締めて手拍子と足の音頭に合わせて唄っています。相撲甚句には、まくら唄、本唄、はやしとあり、更にまくら唄には前唄と後唄があります。そろたヤ そろいましたア すもうとり衆がア 稲のヤ 出穂より なおよく そろたア まくら唄の前唄はまずこんな感じで始まります。せっかくですので動画で相撲甚句を見てみましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧