人間ドックが医療費控除になるケース、ならないケース


2月は確定申告を正しく記入して期日までに提出しなければならない時期ですが、どれが医療費控除対象となるのか話題になります。医療費控除の対象となるのは、病気などで病院に行った時に支払った費用や、医師から処方してもらった薬などとなっています。
byoin
ドラッグストアで購入したり、薬局で購入した薬なども対象となりますが、病院へ行った時のガソリン代や駐車料金は対象外となります。その他にも入院した病室や食費、子供の歯科矯正、妊娠の定期健診、出産時の入院費、介護保険を使った在宅介護費用も対象となります。
人間ドッグというのは病気の早期発見だったり、生活習慣病などの予防を目的とした総合健康診断の事ですが医療費控除の対象外です。問診で医師と話をしたあと、看護師からの説明や注意を聞き、血液、循環器、呼吸器、消火器など決められた検査内容を受けていきます。
byouin-kigu
2日間にかけてすべての検査を終えたら、終了後の過ごし方や検査結果説明を受けたり、ブドウ糖負荷試験、そして生活指導を受けます。もし、人間ドッグを受けた結果、その人に重大な病気が見つかり治療した時にはその費用も医療費控除の対象となるのだそうです。
そして、健康診断を受けた時も、診断結果が何事もなく健康であれば、その時に掛かった診断費用というのは医療控除の対象外となります。それとは逆に、診断結果で異常が見つかり治療を受けることになれば、その時に掛かった診断費用は控除の対象となるというわけです。
isha
人間ドッグを受けられる都道府県や金額、予算から調べられる専用サイトがあるので、事前にチェックしておくといいのではないかと思います。人間ドックは予約して受けにいくことになりますが、風邪や怪我をしないように注意しておき、自分の体調が万全な時に行くようにして下さい。
ただ、人間ドック受診による医療費控除の対象になるのかならないのかは、検査結果次第ですが自分の体の為にも受けておいて損はないです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧