なると恐ろしい痛風の初期症状!


痛風という病気をテレビで聞いた事のある人やインターネットで知ったという人はいると思います。痛風というのは尿酸値が溜まり骨節で結晶していくことで苦痛を伴う関節炎というものです。今回はこの痛風の初期症状についてです。

この病気は尿酸値を溜め込まない女性ホルモンを持つ女性とは逆に男性に多く発生します。

tuhu-purintai

‘プリン体’を含むアルコールを過剰に飲んでしまうと痛風になりやすいといわれています。

初期症状としては腫れや痛みを伴うものが出て来ても数日で治まり、半年から1年で再発して繰り返していくのです。慢性化してしまうとちょっとした刺激でも痛みが走り、風が吹いても痛みが発生してしまうのです。

足の裏や膝、足の指、手の指、足首、かかとなどと言ったように脚部を中心として初期症状では痛みが出てきます。

痛風発作とも呼ばれている関節の傷みが起きたときには腫れている患部を冷ましていくのが効果的なのだそうです。最近では、10代や20代の若い男性にも発症してしまう病魔としても知られるようになってきています。

tuhu-shokishoujou

痛風は食事の仕方やお酒の飲みすぎなどが結びついてしまうため、以前は贅沢病とも呼ばれていました。痛風を治していくためにはいわしや鰹節、白子、レバー、魚介類、魚の干物を食べないようにする事です。

食事療法としてはどか食いとも呼ばれる食べすぎを止め、栄養バランスの摂れた3回の食事をおこなうことです。

食事管理をしていく事と食べ過ぎに注意すること、糖分やアルコールを控え、過度なスポーツやストレスを溜めすぎないようにすることが一番です。

これらを続けていくことにより、血液中の尿酸密度が少しずつですが減損していくようになっていきます。

tuhu-undou

医師の診断を受け、軽い運動をしたり、和食中心の食事をしていくのとストレスを発散させていくようにすれば改善されていくと思います。

痛風の初期症状に関する治療法は医師の診断に伴うのが一番ですが、思ったような改善が見られない場合は病院を変えてみるのもひとつの方法です


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧