百人一首の覚え方のポイント


百人一首の一つや二つ言えるだけでちょっと賢く思われるかもしれないですよね。でもなかなか覚えようと思っても覚え方が百人一首なのではないでしょうか。

果たして百人一首の覚え方とただ記憶力が問われる世界なのでしょうか。百人一首の歌をそのまま記憶するということは大変であり、全然楽しくないことかもしれないですよね。やっぱり意味で歌を覚えるようにした方が覚えは早いはずです。意味が記憶を繋げていくのです。

hyakuninisshu

“朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪”イメージで記憶するとは、自分を一度吉野の里に置いてみることなのです。目を閉じてその状況を想像してみましょう。それはまさに百人一首を味わうということなのです。

競技の百人一首の場合、ちょっとしたポイントもあるようです。
百人一首は上の句・下の句からなります。競技では上の句(5・7・5)を詠みあげ下の句(7・7)をとります。決まり字とは、上の句をここまで読めば下の句が特定できる文字数を言います。

yomikata

村雨の 露・・・。このような上の句は「む」ではじまる歌は一つだけなのでもう最初の1文字だけで、下の句が決まってしまう訳です。ですから、この場合、上の句を最後まで聞く必要もないということなのです。1文字で決まるものを1字決まりと言います。

百人一首で1字決まりは、む・す・め・ふ・さ・ほ・せで始まる7首です。まず競技かるたの基本はここです。2字決まり、3字決まり、順番に楽しみながら記憶できそうではありませんか。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧