腰痛になったら気をつけたい寝方


腰痛というものも考え見れば定期的に襲ってくるものかもしれないですよね。何が原因なのでしょうか。やっぱり高齢に向かって、段々と私達の筋肉体力、骨格体力、血行の体力も衰えているせいかもしれないですよね。
腰痛は一度なるとなかなか治りにくく、どんどん悪化していくものかもしれないですよね。
youtuu-nekata
筋肉疲労の場合、高齢で体力が弱っていると言わないまでも、長時間のスポーツで、疲労する場合と、逆に運動不足によって筋力が低下する場合もあるようです。だから自分の年齢のことを理解して、適当な運動を取り入れた生活を習慣づけたいものです。
しかし、日々の生活で一度なってまった腰痛を更にひどくしてしまうケースもあるかもしれないですよね。そのあたりのことをちょっと注意していただきたいのです。まだ普段の生活なら、痛いという信号を避けて行動とるからいいですが、寝ていると私達は痛くても部分を痛めつけながら眠ってしまっているケースも多いかもしれないですよね。
ちょっとそのあたりのことは注意したい点です。寝るということは非常に大切なことであって寝ることによって私達は病気を快復させる場合も多いのです。腰痛に治すためにちょっと寝方にも拘ってみましょう。
youtuu-nekata2
あらかじめ痛い部分を避ける寝方を発見しその状態を維持し続け寝ることが肝心なのです。最初にこのポーズと決めれば案外その体勢って維持できるものなのです。横向き寝の場合。
股関節と膝を曲げ、腰を曲げてエビの様な横向きで。膝の間にクッションなどを入れると非常に楽になります。
うつぶせ寝の場合、お腹や骨の下にクッションを入れると楽ですよ。腰痛のためには、柔らかいベッドが望ましいと思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、それは逆です。適当な硬さを持っているベッドの方が腰痛には好ましいようです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧