ブロッコリーのゆで方のポイント


ブロッコリー。あなたはどう評価されますか。家庭料理という感じですよね。なかなか以前であればブロッコリーの料理など外食で食べることができなかった訳です。しかし、最近では結構ブロッコリーも外食で見かけるようになりました。
broccoli
結構、ちょっと昔よりも全然メジャーな野菜となったのかもしれません。カリフラワーよりもブロッコリーの時代なのかもしれないですよね。
しかし、外食で結構ブロッコリーを食べるようになって実においしいブロッコリーとおいしくないブロッコリーがあることに気付かされる訳です。それはブロッコリー自体に問題あるというよりも茹で方、そして、調理された後の時間の方に原因しているケースが多いようです。
ここではちょっとおいしいブロッコリーの茹で方もポイントだけを抑えておきたいと思います。ブロッコリーこそ私達はシンプルに茹でて熱々のものをさらっとドレッシングでもかけて食したいものなのではないでしょうか。
broccoli-yudekata
茹でる前にブロッコリーの茎の部分を十字に切るというのも非常に大きなポイントなのです。なぜならブロッコリーの葉のところはすぐに茹で上がってしまうではありませんか。
しかし、幹の方にはなかなか熱が通らないのです。バランス良くブロッコリーを茹でるためには絶対的にこの十字が大切なのです。そして、お湯を沸騰させて、一気にブロッコリーを入れましょう。
yudekata
だらだらとやるのはブロッコリーの本意ではありません。ブロッコリーを入れ再び沸騰したら、十秒数えます。1,2,3,4・・・。それで終わりです。その後水で洗うのはやめていただきたいのです。
水気を取る程度にしてください。こんな感じで既にブロッコリーは完成です。ヘタに調理は必要ありません。シンプルイズベストというものはやっぱりブロッコリーにも通用する世界なのです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧