20代でも出来る老人性血管腫は病気?


老人性血管腫という名前を最近よく聞くようになりました。それは一体どういうものなのでしょうか。

赤い点状、米粒大の半球状に隆起した血管腫。顔、首、胸、お腹などにできます。赤い黒子とは、血管腫なのです。加齢によってどんどんと現れてくるようです。しかし、普通の黒子と一体どんな感じで違っているのでしょうか。

roujinseikekkanshu

どうやら、黒子とは全然違うもののようです。
それは、老人性血管腫とは、真皮内の毛細血管の拡張や増殖によって、 表皮に赤い黒子のような感じで出現してまう訳です。こういう現象が加齢によって起こってしまうようですね。

ただ老人性と言ってもその症状は既に二十歳過ぎれば人によっては起こるようなのです。もしかして、赤い黒子って重病なのでしょうか。癌を知らせるサインなのかもしれないですよね。しかし、老人性血管腫は別にそれほど心配するような病気ではありません。

ちょっと自分も高齢者の仲間入りをしたのだと嘆くようなシンボルなのかもしれないですよね。 なかなか老人性血管腫がなくならないで美容的に非常に気にする人が多くいらっしゃるようです。

やっぱりそれが老人性のものであったら、人にその事態を知らしめるのも非常に恥ずかしい話しではありませんか。色白の人に多いようですね。高齢に向かい段々と数が増えるような人もいらっしゃるようです。

roujinseikekkanshu2

高齢によく起こる症状と言っても老人性血管腫の原因はあまりはっきりとしたことは判っていないようです。

判らないだけにこのままどんどん赤い黒子が増えていくのではないかと不安に思う人もいらっしゃることでしょう。レーザー治療など試みる人もいらっしゃるようです。皮膚科では、電気凝固や液体窒素を用いた凍結外科療法が行われています。気になる場合は除去してもらうようにしましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧