後頭部を鈍器で殴られたような頭痛におそわれたら・・・。


後頭部の頭痛についてちょっとお話ししたいと思います。
第一あまり後頭部の頭痛の経験などなさらないのではないでしょうか。誰かに後ろから殴られたなら話しは別ですけとどね。しかし、時と場合によって後頭部の頭痛になってしまいます。
zutu-koutoubu2
後頭部に感じる頭痛のうち、一番多いパターンがこの緊張型頭痛と呼ばれる症状です。私達現代社会はストレス社会であって段々とこの頭痛の症状は増え続けるのかもしれません。
だから、しっかりと私達は重い病気の可能性がある頭痛とそうでないものに対しての違いなど知って見極めつけたいものですよね。
“ズキッとするような激しい痛みではない”これが、 緊張型頭痛なのです。何か重い感じが緊張型頭痛でしょうか。鈍器で殴られたようなという感じのものではありません。
ストレスによって発生する病気の緩和には共通することがあります。それは当然ストレスを取り除くということなのです。まずは睡眠を含めた休養と言ったところでしょうか。
zutu-koutoubu
病は気からとも言います。そのような頭痛は、他に気持ちを集中する楽しいことなどあったりするといつのまにか消えていってしまうものでもあるようです。しかし、最近では事情は違うかもしれません。
結局、目を使って発生したストレスは、気分転換してもそれが目を使う作業であれば頭痛は改善されません。やっぱり短時間でもパソコンやな、DVDなどから離れる意識は必要かもしれません。
zutu-koutoubu4
しかし一方で私達が用心しなければならないのは、鈍器で殴られたよう痛みの方です。この症状が出た時には緊急事態です。それがくも膜下出血の症状だからです。
すぐに死へも結びつく恐ろしい病気なのです。くも膜下出血は激しい痛みと吐き気がもよおすことが多いようです。脳内で出血が起こったため起こる症状なので絶対安静、さらにすぐにでも病院で見てもらわなければ命に関わるので救急車などで病院へ向かうようにしなければなりません。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧