剣道の二刀流は一度途切れて剣士が育っていないようです。


二刀流とは一体どういうものを言うのでしょうか。今プロ野球の世界ではちょっと話題になっているようです。宮本武蔵の二天一流に代表される両手に1本づつ刀を持つ剣法のことなのです。

kendou-nitouryu

正確に言えば同時に打って投げるという行為をしなければならないようですが、最近ではそれほど厳しいことを言いません。日ハムの大谷選手のことを二刀流といい、今二刀流とインターネットで検索すれば、大谷選手に辿り着く程です。

しかし、剣道にも二刀流というものがあるようです。剣道の場合、二刀流とはどういうことを言うのでしょうか。剣道こそがまさに、宮本武蔵の二天一流に代表される方法に近い訳です。要するに竹刀を二本持つという行為なのです。ちょっと驚きですよね。

kendou-nitouryu2

剣道の試合でも滅多にみられるものではないかもしれません。しかし、未だ剣道のルールでは二刀流の方法は認められているのです。以前では、私達の知らない頃に二刀流剣士というものもいたようなのでが、それは戦争の前後がかなり様子は変わってくるのです。

まず剣道というものがGHQによって一度禁止された経緯があることをご存じでしょうか。そして、当然また復活する訳ですが、その時になぜだか一度二刀流はちょっと普通に考えればおかしいと言うことになって二刀流の方法のみ禁止されていたのです。

kendou-nitouryu3

竹刀が武器であるなら、やっぱり武器を二つ持っている人と武器を一個しか持っていない人が戦うのは不平等ではありませんか。しかし、再びなぜだか、平成になって学生剣道連盟によって二刀の使用が解禁されたのです。ここにも言い分はあり、だったら武器を二つ持っている者同士戦えばいいというのも正しい言い方です。

しかし、やっぱり長い中断期間があり、二刀流の剣士が育つのも途切れてしまったようです。ただ、もい一刀流の人が、二刀流の人と戦って二刀流の人が優位に立つかと言えば大きな間違いでもある訳です。それは再び現在の大谷選手の戸惑いなど察していただいても多少メリットデメリット判っていただけるのではないでしょうか。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧