基本的には印鑑証明に有効期限はありません。


印鑑証明には基本的には有効期限がないというのが事実なようです。
印鑑証明とは、いくら古いものでも登録事項に変更が無ければいつでも使用できるものなのです。しかし、実際に印鑑証明が有効期限がないという判断はされていません。
inkanshoumei-yuukoukigen
それはなぜなのでしょうか。それは、印鑑証明が不動産や自動車などの売買契約の際に使われることが多く、不動産や自動車販売会社などが、契約する際に、印鑑証明の、発行から3ヶ月以内のものや、発行か ら6ヶ月以内のものと言ったものを要求するからなのです。
inkanshoumei-yuukoukigen2
印鑑証明とは、別にただ印鑑を証明したところで意味は発生しません。だから、そこに有効期限があろうが、なかろうが対して意味もないのです。このような形で第三者との取引によって意味が発生するものなのですから。
inkanshoumei-yuukoukigen3
だから、印鑑証明には、有効期限がないという言い方の方が正しくないのかもしれないですよね。企業は企業で今度は一切いつまでも、効力を持つ古い印鑑証明が信用出来ないのです。
不要になった印鑑証明を悪用される可能性もありますよね。有効期限が印鑑証明にはないからこそ、企業の方では徹底的に有効期限を設定して厳しく接しなければならなくなってしまっているのです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧