肛門周囲膿瘍→痔ろうの気をつけたい症状。


痔ろうと痔って何か違うのでしょうか。私達の認識の中では痔とはよりイボ痔に近いものかもしれないですよね。イボ痔のことは痔核と言うようです。肛門の静脈がたくさん集まった部分に、血液がたまってふくらんだ状態が痔核なのです。
jirou-shoujou
痔ろうとはそういうものとはちょっと種類が違います。痔ろうとは、まずは化膿です。そして、化膿した部分が破れたりします。炎症など繰り返して、肛門の奥と繋がってしまう恐ろしい病気です。

痔ろうの主な原因は、下痢などによって肛門の組織に細菌が入り込むことによって起こるケースが多いようです。
そして症状はまだ化膿した膿みです。痛みを伴います。そして、発熱します。もう既に放置は出来ないですよね。 しかしまだ敢えて言えば痔ろうには達していません。この症状は痔ろうと言うよりも肛門周囲膿瘍です。
肛門周囲膿瘍が更に進み、ひょっとしたら熱もひき、痛みもなくなりちょっと楽になったとおっしゃる人もいるかもしれません。
jirou-shoujou2
しかし痔ろうとは放置すればここからスタートなのです。やがて膿みのトンネルが開通し、痔ろうが完成するのです。
トンネルが出来たためやがて膿みはもっと出やすくなることでしょう。そして、痔ろうの辛い点は、市販薬ではなかなか治らない点なのです。肛門周囲膿瘍の点ではやく医師に受診していただきたいものです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧