香典返しの挨拶状の書き方について。


香典返しの挨拶状の書き方についてお話しします。現在では香典返しは当日するような傾向も多くなっているようです。

香典の金額の半分から三分の一程度のものを品物としてお返しします。その時に一緒に添えるものが挨拶文です。しかし、最近では、代行サービスのようなものもあるようです。

koudengaesi-aisatujou

そういうものを利用されるのも恥をかかないためメリットは大きいかもしれません。兎に角あくまでも儀式の世界には、こうしなければならないというしきたりのようなものが残っている訳です。

間違えて恥をかくよりは、ちょっと味気なく感じても、代行サービスも正しい方法なのです。奉書タイプとはがきタイプがあります。そして、 仏式、神式、 キリスト教式と分かれています。

koudengaesi-aisatujou2

香典返しの挨拶状はの形式はもう既に決まっているのです。 内容に迷う必要は一切ありません。あれこれ文章に拘るよりは、文例にしっかりと従い、 名前日付などを付け添えるようなつもりでいた方がよろしいかと思います。時候の挨拶は不要です。句読点は使わないことになっています。その点ちょっと注意してください。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧