溶連菌感染症は大人でも感染する?


溶連菌感染症?聞いたことのない人たちも多くいらっしゃると思います。溶連菌感染症とは、溶連菌の感染が原因となっておこる疾患です。
α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、β溶血でヒトに病原性を有するものはA群、B群、C群、G群などあり、その中でもA群による溶連菌感染症が90%以上をしめています。愛子さまが溶連菌感染症で発熱されたようですよ。
yourenkinkansenshou
主にのどに感染する病気であって、咽頭炎や扁桃炎など引き起こすのです。一般的には子供さんが多くかかる病気という認識でしょうか。しかし、溶連菌感染症は子供だけけのものではありません。
大人だって充分かかる可能性があるという話しではありませんか。正確に言えば溶連菌感染症は直接的に大人がかかる病気ではないのです。子供が溶連菌感染症になった場合、看病などしていると大人に感染する可能性があるという話しです。
yourenkinkansenshou3
そして、大人だって子供の病状みてなかなかこれが溶連菌感染症と決めつけられないようなところもありますよね。なかなか難しい病気なのではないでしょうか。気がつけば大人が溶連菌感染症にかかっていたということもよくあるケースのようです。
基本的には大人が溶連菌に感染してしまった場合には、子供に溶連菌が感染した場合よりも非常に症状がきついと言われています。インフルエンザと間違えてしまうかもしれないですよね。しかし、インフルエンザとは別物なのです。 


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧