胃がんの原因ともなるピロリ菌の除菌費用はいくら?


ピロリ菌とは一体なんなのでしょうか。大体のことは判っていらっしゃる人も最近では多いと思います。しかし、正直言えば名前が愛らしくとても憎む感じにもならないですよね。ピロリ菌ならいても構わないと間違った解釈していらっしゃる人もひょっとしたらいるかもしれません。今回はピロリ菌を除菌した際の費用などについても紹介したいと思います。

stomach
グレムリンも夜中に食べ物与えると突然悪魔のグレムリンに変身します。ヘリコバクター・ピロリ菌・・・。どうでしょうか。ちょっと憎むべき相手のように響くではありませんか。
そう、私達はピロリ菌ではなくて、ヘリコバクター・ピロリ菌と言わなければならなのです。食べ物や飲み水から感染する経口感染がほとんどです。ほとんどの人たちが既に幼少時に感染してしまうようです。日本だってこんな恵まれた環境が整ったのはつい最近ですよね。
pirorikin-jokin-hiyou
だから、ちゃんと水のことに関しても環境が整っていなかった時代に感染したヘリコバクター・ピロリ菌を私達は依然抱えてしまっているようです。ヘリコバクター・ピロリ菌がいるだけなら、やっぱりピロリ菌と言いたくなるような、別に何ら悪さすることもないようです。
しかし、何か病気を発症した時に、ピロリ菌は、 ヘリコバクター・ピロリ菌となり非常に悪さするようになる訳です。胃潰瘍になれば、胃がしくしく痛みます。潰瘍患者のピロリ菌感染率は90%以上。こういった状況になる前にやはり治療は行いたいもの。2013年からは慢性胃炎でもピロリ菌の除菌が保険適用可能となるので今までより費用を抑えて除菌や検査を行うことが出来ます。
pirorikin-jokin-hiyou2

やはり胃の病気で恐れるものは、胃ガンです。結局、私達は胃ガンがあるから段々と ヘリコバクター・ピロリ菌を重視するようになったのです。やっぱり退治すべきものは退治しましょう。
ピロリ菌検査~除菌までの費用は今まで合計1万8千円前後でした。しかし、保険適用後は三割負担となりますので、5千円前後で診療から除菌まで行えるようになります。胃がんの原因となるピロリ菌なので気になった方は病院で診療してもらいましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧