退職金は、所得税法上退職所得となります。


そろそろ退職金という人もいらっしゃることでしょう。退職金をいざ受け取るとなればいろいろと不安も多いのです。退職金に税金ってかかるのでしょうか?知らない方が当たり前かもしれないですよね。私達は今まで退職金と無縁だったのです。
taishokukin-shotokuzei
しかし、非常に大きな不安ではありませんか。退職金が3000万円。そのまま3000万円受け取ることが出来ると思っていたら・・・。まずは何も知らない人たちのために簡単なことからお話しします。退職金は、所得税法上退職所得となります。しかし、やっぱり退職金は特別に守られなければならないものでもある訳です。所得税の計算は別の異なった計算です。
taishokukin-shotokuzei2
まず勤続年数によつて控除額が設定されているのです。退職金と言えども勤続年数少ない人たちは大してもらうことは出来ません。退職金が100万円程度。 勤続年数 × 40万 の控除があります。
taishokukin-shotokuzei3
だから、100万円だとしても、たった二年勤務であったら、80万円控除で残り20万円に大して所得税は発生します。それは20年以下の勤務の人に対してです。20年以上の人に対しては別の計算方法です。(勤続年数-20年) × 70万 + 800万の控除です。例えばこのケースならば、勤続21年そして退職金800万円であったら、一切所得税請求されないということです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧