日本には慶事用切手があるのをご存知でしたか?


慶事用切手。昔正直言って切手が一種類しかなかった時代の方が気にしないで楽だったかもしれません。しかし現代社会は少々切手も異変が起きてしまったのです。

それは切手を作ることも出来ますし、記念切手などいかにバラエテイー豊富な切手があることでしょうか。切手には気にしないという人もまだ招待状を受け取った時にいらっしゃるかもしれません。しかし、ちょっと洒落た切手で招待状が届けば相手だって嫌な気持ちはしないですよね。

keijiyoukitte2

今招待状を送る人たちは慶事用切手はどういうものを使おうかと結構拘り持っているのです。それも招待状のいわば個性なのかもしれないですよね。二人の幸せ感は切手によって表現出来るかもしれません。 慶事用切手には2種類あります。それは既に日本郵便で販売している慶事用切手を使用することです。慶事用切手には50円の鳩の絵柄と80円の寿マークあしらったもの、そして90円のツルデザインのものがあります。

keijiyoukitte

もう一つ幸せを表現する方法として私達は実際に切手を作るという方法も最近あるのです。新郎新婦の幸せそうな顔写真などプリントした切手など作成して、招待客を歓迎する姿勢を見せるのもありかもしれないですよね。そうすることによって誠意は相手に伝わるものです。

keijiyoukitte3

体力のない高齢者の方も行かなくてはならない気持ちになると思いますよ。切手もこういう世界が展開されるようになったのです。だから何が何でもということではありませんが、慶事用切手としてふさわしくない記念切手の配慮などそろそろ問われる時代にはなったのかもしれないですよね。  


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧