体幹を意識してバランスボールに挑戦してみましょう。


まず体幹って何?とおっしゃる人もいるかもしれないですよね。

体幹とは、人間の身体の頭部と四肢を除いた部分のことを言うのが一般的です。文字通り体の幹なる部分です。そして、骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨などと、深層筋、表層筋から成り立つ部分です。深層筋とは最近はやりのインナーマッスルなのです。深層にあるのが腹横筋です。外からはあまり判らない部分ですが、コルセットのような感じで私達を支えてくれているものなのです。

branceball-taikan

表層筋は、身体を動かすための判りやすい筋肉である一方、コルセットにのように支えてくれる筋肉に非常に最近では関心が集まっているのです。体幹トレーニングは、この動かす筋肉と、コルセット的筋肉とを意識して鍛えていくのがベストなのです。バランスボールが最近熱いです。私達の日頃やっているトレーニングは意識しないと表層筋ばかりを鍛えるトレーニングになりがちなのです。

branceball-taikan2

どんなに日々真面目にやっていても、最初に知識がないと非常にバランスの悪いトレーニングをし続け過酷に表層筋ばかりを痛めつけているだけの結果にもなってしまうのです。バランスボールはまさに表層筋とインナーマッスルとのバランスかもしれないですよね。インナーマッスルもしっかりトレーニングしないと、体幹部の筋肉は衰え体に歪みが生じやすくなります。

branceball-taikan3

バランスボールとは大体みなさんご存じでしょうが、120kg位の重重にも耐えられるように作られたボールです。ただバランスボールってそのまま上に乗っかって我慢していればいいものでしょうか。スタートはそのあたりでも構わないかもしれません。(それもなかなか難しいものですよ。是非一度体験していただきたいものです。)まずはここで基本姿勢のみを。

バランスボールも慣れることがまず肝心です。
・背筋を伸ばして、バランスボールの中心に。
猫背になったりしないように気を付けて下さい。バランスボールに座った時膝の角度は90度です。ただそれが上手に出来たとしても、それはあくまでも基本姿勢です。バランスボールはボールの上でバランスをとってこそバランスボールです。
・片足を浮かせます。
・今度は足を替えてみましょう。
・両足を浮かせてみましょう。

いかがでしたか?徐々になれていき、どんどん難しい体勢に挑戦してみましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧