下痢が多い人は3つのポイントに注意して食事しよう!


下痢になりやすい人の原因の大半は食事にあるといいます。今回は下痢になった時の食事、下痢を予防する食事で注意する3つのポイントをご紹介。快便は健康のもとなので普段から気をつけましょう!

下痢を予防する食事、飲み物編


飲み物で注意する点は2点あります。一つは乳製品です。牛乳を始め、ヨーグルトなどの乳製品を食すと下痢になってしまう場合があります。もう一つはカフェインの入った飲み物です。カフェインが入った飲み物が体に合わない人はカフェインを飲むと下痢をしてしまう場合があります。下痢になりやすい体質、または下痢時は乳製品、カフェインの入った飲み物は控えるようにしましょう。また、あたりまえですがアルコールも取りすぎると下痢になりますので注意しましょう。

下痢を予防する食事、刺激物編


一味、コショウ、タバスコ、豆板醤、わさび、からしなどの刺激物を好きな人にも下痢になりやすい方が多いと思います。先述した刺激物は取りすぎると胃酸が多く分泌され、胃腸の働きが強くなりすぎて下痢を引き起こしてしまいます。刺激物で下痢になりやすい人は普段から量を控えるようにしましょう。

下痢を予防する食事、食べ物編


下痢を引き起こす食事類は、脂の多い食事(天ぷら、から揚げ、ソーセージ、脂身の多い肉)や雑穀類、生野菜、果物があげられます。これらは少量であれば問題は無いと思われますが、多く取ると下痢の原因になる場合があります。また、これら意外でも体に合わない食事は人それぞれあります。何が原因で下痢になったのかを、自分で察知してあげるのが重要になってきます。原因が分かればその食事は控えるようにしましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧