Googleアカウントを2段階認証、セキュリティを高めよう!


最近話題になっているGmailの乗っ取りやウィルスについて。
幅広くサービスを出しているGoogleですが、Googleアカウントを乗っ取られてしまうと使っているサービス全体に危機が訪れてしまいます。Gmailでの大事なメールのやり取り、Googleアドセンスで広告収入を得ている場合は金銭、GoogleDocsでは大事な書類など、その脅威は計り知れません。

少しでもその危険性を軽減するためには何かしらの対策を施すしかありません。もちろん、パスワードを小まめに変えるといった事も必要です。更にセキュリティを高めるため、今回は2段階認証の設定方法について紹介したいと思います。

Google2段階認証とは?

Googleアカウントを他人に乗っ取られないようにする為にとても良い方法です。まず、通常であればメールアドレスとパスワードでログインするのが通常ですが、2段階認証にすると、それに認証コードが追加されます。認証コードは携帯電話番号や携帯メールアドレスを登録しておき、そこに送られてきます。また、スマホなら専用のアプリもあります。

毎回認証コードを受け取るのは面倒だと思いがちですが実はこの設定、常に使うパソコンやデバイスを登録しておく事が可能で、これは認証コード無しでログインする事が出来ます。なので、実際には今までと変わらずGoogleアカウントを使用する事が出来るので2段階認証は大変おすすめ!簡単にセキュリティレベルを上げる事が可能となります。

Googleアカウント2段階認証設定方法!


▼設定したいアカウントでログイン※いつも使うパソコンで設定して下さい。


▼ログインしたらアイコンから「アカウント」をクリック


▼サイドバーから「セキュリティ」をクリック


▼画面中央の2段階認証プロセスの「編集」をクリック


▼「設定開始」をクリック


▼国を選択し、コードの受け取り方法を選択します。
  ※テキストならメールアドレスを、音声なら電話番号を入力


▼受け取ったコードを入力して「確認」をクリック


▼現在使用しているパソコンが信頼出来る物なら「次へ」をクリック
 ※他人のパソコンでは絶対設定してはいけません。


▼2段階プロセスを有効にするには「確認」をクリック


▼「アカウント」「セキュリティ」2段階認証「編集」で有効になっている事を確認


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧