地震大国日本で読んどいて損はないサバイバル漫画!


豊かで安全と言われている日本ですが、例年問題視されているのが自然災害です。特に地震大国と言われるほど、日本は多くの地震の危機にさらされています。これは5年後もそうですし、きっと50年後100年後もきっとそうであろうと思います。イザ地震がやって来た時にサバイバルについて何も知らないと大変危険です。そこで漫画としても面白く、サバイバルについても少しは学べる漫画を紹介したいと思います。

自殺島

作者:森恒二 出版:白泉社(ヤングアニマル)

嘘か本当か、自殺常習者が送られる自殺島を舞台にした漫画。主人公のセイも自殺常習者。とある日病院のベッドで生きる義務を放棄する書類にサインを行い、眠らされたセイは大勢の自殺常習者と供に自殺島に送られてしまいます。自殺島に送られた自殺常習者達はそこで命を落とす者も大勢出てしまいます。主人公のセイも自殺に何度も心を揺らされながら自殺島でサバイバルを行っていく事となります。

アイアムアヒーロー

作者:花沢健吾 出版:小学館(ビッグコミックスピリッツ)

原因不明の感染症により、日本にゾンビパニックが訪れてしまいます。主人公の鈴木英雄は漫画家の売れないアシスタント。パッとしない日常生活を送っていた英雄なのですが、世間は不思議な連続かみつき事件や、怪事件が勃発していきます。徐々に崩壊していく世界と、それに立ち向かう英雄のリアルなサバイバルを感じる事が出来ます。

漂流ネットカフェ

作者:押見修造 出版:双葉社(漫画アクション)

主人公の耕一は平凡なサラリーマン。現在既婚しており妻のゆきえは現在妊娠中。今朝はささいな事からゆきえと喧嘩をしてしまい、仕事帰りにネットカフェに立ち寄ります。そこで、中学校時代好きだった果穂と再開するのですが、なぜかネットカフェは停電。異次元に飛ばされてしまいます。その異次元はネットカフェ以外な何もないような場所。そんな不思議な場所でサバイバルがスタートしていきます。極限状態で狂気に見舞われる耕一と果穂、そしてネットカフェのお客や従業員は一体どうなるのか?

ドラゴンヘッド

作者:望月峯太郎 出版:講談社(ヤングマガジン)

卒業前の楽しかったはずの修学旅行の帰り道、主人公のテルが乗っていた新幹線が突如爆音とともに脱線事故を起こしてしまいます。その原因はかつてない程の大地震。主人公のテルと同級生のアコ、ノブオは偶然にも生き残り、救助を求めサバイバルを開始するのですが、世界は死と暴力と狂気につつまれて行きます。そんな極限状態に少年達は・・・

漂流教室

作者:楳図かずお

舞台は小学校、主人公の高松翔は母親と喧嘩をし気まずい状態で登校する。いつも通りの学校生活を送るはずだったが、突如大きな地震に見舞われる。気がつくと景色は一変。周りは学校以外には何もない土地へと変貌。そして、この場所は衰退した未来の地球だと言う事になります。教師達は発狂して亡くなり、子供たちは自分達で国を建国しようと決意するのですが、未来の地球で未知の生物や未来人から攻撃され、また、内紛、伝染病、飢餓という極限状態に襲われて行くのです・・・

サバイバル

作者:さいとう・たかお 出版社:小学館(サンデー)

とある日、世界に突如巨大地震が発生。友人と探検遊びしていた主人公の鈴木サトルは何とか洞窟から脱出。しかし、外は荒れ果てておりサトルの周囲から陸は消え、孤島に取り残された状態に。サバイバルの知識も無かったサトルでしたが、何とか生き残るため、そして消息不明の家族を探すためサバイバルの知識や技術を身につけて行きます。

MASTERキートン

作者:浦沢直樹 出版社:小学館(ビッグコミックオリジナル)

主人公の平賀・キートン・太一は様々な顔を持っている。一つは探偵、もう一つはオックスフォード出身の考古学者、さらには元SASのサバイバル教官。様々な顔、肩書きを持つキートンに入ってくる依頼は危険な物ばかり、巻き込まれていくキートンでしたが、持ち前の知識やアイデアでサバイバルを生き抜いて行く。

7SEEDS

作者:田村由美 出版社:小学館(別冊少女コミック)

少女コミックでは珍しいサバイバル漫画。政府のプロジェクトである7SEEDSでは地球に大災害が訪れる事を予測。そこで、人類滅亡の危機を回避するため、若くて健康な若者を冷凍保存し、災害後の時代へ送るプロジェクトを開始。7SEEDSは7人の種という意味があり、未来へ送られた5チーム全て7人編成。チームは春・夏A・夏B・秋・冬というチームに分かれており、目覚めた彼らはそれぞれ違ったサバイバル方法で生き抜いて行く。

まだ、生きてる…

作者:本宮ひろ志 出版社:集英社(ヤングジャンプ)

定年前の岡田憲三は会社からリストラをされ、ハローワークで職探しの日々を送っていました、そして岡田憲三に更に災難が訪れます。それは家族離散。会社から振り込まれた退職金や貯金は全て奥さんに持って行かれ、息子や娘の携帯にも電話が繋がらない状態に。家に帰るとハンコが押してある離婚届。リアルに辛すぎる状況に追い込まれた岡田憲三は自殺を決意、しかし運が良かったのか首吊りに使った木の枝が折れ、何とか一命をとりとめます。ここで全ての事に吹っ切れた岡田憲三はサバイバルをしながら生きて行くことを決意するのです。

ネイチャージモン

原作:寺門ジモン 作画:刃森尊 出版:講談社(月刊ヤングマガジン)

ご存知の通り、お笑い芸人ダチョウ倶楽部の一人寺門ジモンは芸能界一のサバイバル好き、漫画のタイトルもそのまんまネイチャージモン。ネイチャージモンの芸能界には全く役に立たないサバイバル技術やグルメなネイチャージモンを面白おかしく紹介している漫画です。

ざっと、紹介してきましたがそれぞれ違う内容違う視点で書かれているのでとても面白い漫画だと思います。また、サバイバルの技術を多く紹介している漫画や、極限の緊張感漂う漫画など様々です。具体的なサバイバルを学べる漫画~精神を強くする漫画、作品として楽しい漫画、色々ありますので読んでみて下さい。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧