人間が取るべき五大栄養素とは?


大人になって一人立ちするようになると、給料を貰い自由に好きな物を食べれるようになります。しかし、好きな物ばかり食べていると気づかない間にブクブクと太ってしまったり、いつのまにか体調を崩したりしてしまいます。

思い返せば両親が食べさせてくれていた料理は栄養満点でバランスの取れた食事だったりします。大人になって好きな物を食べれても、体調管理が行えなければ子供と変わりません。取るべき栄養素はバランスよく摂取する事をおすすめします。

人間が取るべき5大栄養素

人間に必要な栄養素は数十種類あると言われていますが、それらを大きく5つに分ける事が出来ます。その5大栄養素は「糖質」「脂質」「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」です。これら5大栄養素をバランス良く取る事をおすすめします。

▼糖質(炭水化物)
炭水化物は白いご飯や麺類など主食に多く含まれていると思われているが、実は様々な食べ物に含まれている。もちろん含まれている量はご飯などの穀類や豆類が多いが、魚類や肉類にも含まれている。また、糖質というだけありデザートで食べるような物にはかなりの量が含まれている。

▼脂質
名前から想像してもらうとすぐわかると思いますが、もちろん肉類に多く含まれます。多く含まれる順番はダントツに牛肉がトップ、次いで豚、鳥、魚という順になる。また、マカダミアナッツなやピスタチオなどの木の実などにも多く含まれているので、知らずに食べ過ぎると太りやすくなってしまいます。

▼たんぱく質
上記した糖質と脂質は好まれて食べられる場合が多いですが、たんぱく質は忘れられがちな栄養素なので要注意です。しらすやいわしといった魚類に多く含まれている栄養素なので、たんぱく質の摂取が少ないと思ったら魚類を多く食べると良いです。

▼ビタミン
ビタミンは人間が作ることの出来ない栄養素で、不足してしまうと死に至る病気を発症する可能性もあります。現在ビタミンは油溶性ビタミンのA、D、K、Eと水溶性ビタミンB1、B2、B6、B12、C、葉酸、ナイアシン、パントテン酸と合わせて13種になります。

▼ミネラル
亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リンの13元素は厚生労働省で定められている健康増進法の対象となっており、適量を摂取する事が必須となっています。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧