胃痙攣になってしまう原因とその症状、対処法!


急にやってくる腹痛、それは胃痙攣(いけいれん)かもしれません。胃痙攣になってしまう原因、となってしまった時の症状や対処法をご紹介。

胃痙攣の原因


胃痙攣は症状で、病名ではありません。胃痙攣の原因は基本的に心的ストレスによるものが多いといわれています。胃や腸は内臓の中でもとてもストレスに敏感です。胃痙攣以外でも、ストレスが原因で下痢や嘔吐といった症状が出る事もあります。また、病気が原因で胃痙攣が起こってしまう場合があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などが該当します。

胃痙攣の症状


お腹の中腹部みぞおちあたりに強烈な痛みが走り、動くだけで苦しく脂汗も止まらない状態になってしまいます。また、短期的な物ではなく、30分~2時間など長期的に痛み続けた場合胃痙攣の可能性があります。

胃痙攣の対処法

胃痙攣の対処法は、鎮痛薬などの投与です。あまりにも長時間痛いようでしたら、病院へ行き鎮痛薬をもらうよう処置してもらいましょう。また、鎮痛薬では原因の対処になっているわけではないので、何が原因で胃痙攣になったかをしっかりと調べてもらい病気だった場合は治療を行ってもらいましょう。

胃痙攣に関連するおすすめ本







コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧