不動産登記から簡易裁判まで司法書士の年収は?


どうも、毎日毎日色んな職業の年収を調べまくっている卑しい管理人で御座います。前回の行政書士に引き続き書士さんの年収をご紹介。今夏は司法の書士!司法書士さんの年収についてご紹介します。

司法書士とはどんな仕事なのか?


司法書士とは、依頼を受けて法務局や裁判所、検察庁などに書類を作成し提出したり、登記などの手続きを代理で行う。主に不動産登記や商業登記の仕事が多いそうです。また、簡易裁判所での民事訴訟で90万円以下の争いの場合、代理人になる事も出きます。弁護士、司法書士、行政書士は良く仕事の領域が同じだったり混同されがちですが、左から難易度が高く、やれる事も広いと考えてもらうと分かりやすいかもしれません。右にいくほど、範囲がせまくなります。また、その方にもよると思いますが、上記順番で年収も高いです。

司法書士の年収について


・勤務司法書士の場合の年収は400万~500万
これは、資格を取りたてでどこかの司法書士事務所に所属した場合です。
・開業司法書士の年間売り上げは1500万~3000万
あくまで年間売り上げになるので、開業して事務所経費や人件費などを引いた金額が年収となります。売上げが1500万円で700万円が経費なら800万円が年収となります。

司法書士になるためには?


基本的にルートは2つです。裁判所事務官や法務事務官などの職務に従事して10年以上たった場合か、司法書士試験に合格した場合です。司法書士試験は年に1度行われ、受験資格は特に制限はありません。が、司法書士試験の合格率は2%の狭き門なので独学ではかなり難しくほとんどの方が専門学校などに通い、司法書士試験に向けて勉強するケースがほとんどのようです。普通の職種よりは高い年収の職業ですが、やはりその壁も高いですね。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧