特定疾患であるパーキンソン病の症状や治療法


珍しい病気では無くなったパーキンソン病の症状について紹介します。現在40歳~50歳に多く発症するといわれ、日本では1,000人に1人発症しているというデータもあります。

パーキンソン病とは

日本では特定疾患に指定されている病気で、主な原因はドーパミン分泌細胞の変性などがあげられる。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の症状はドーパミンの低下や変性が原因とされますので、その症状は主に体に現れます。運動能力が低下したり体にふるえがおこったり、便秘が多かったりする場合も要注意。あとは、嗅覚や味覚の低下も多く症状として見られます。また、自律神経障害も起こり、姿勢異常や突進現象、歩行障害などが症状として見られます。少しでも傾向が見られる場合は病院での検査をおすすめします。

パーキンソン病の治療法

基本的に神経疾患なので、病院へ行かれる際は神経内科に行きます。パーキンソン病の治療法は内服薬と、リハビリで治療を行いますが場合によっては手術が必要な場合もあります。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧