幕末を生き抜き、明治に貢献した勝海舟の名言!

  • 投稿:2012年11月16日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


坂本竜馬の師としても知られる勝海舟の名言をご紹介。

▼勝海舟

勝海舟は、江戸で生まれ農家の家系であったが、祖父が高利貸しで成功し朝廷より盲官の最高位検校を買官し「米山検校」と名乗っていた。幼少期は徳川家斉の孫である一橋慶昌の遊び相手として江戸城へ召されていた。剣術にも秀でており、直心影流の免許皆伝を許されていました。後に数々の功績を残す事になる。勝海舟は、議論より実行で国家に尽くすタイプとしている。

▼勝海舟の名言

外交の極意は、誠心誠意にある。ごまかしなどをやると、かえって、こちらの弱点を見抜かれるものだ。
事を成し遂げる者は、愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。
生業に貴賤はないけど、生き方には貴賤がある。
自分の価値は、自分で決めること。つらくて貧乏でも、自分で自分を殺すことだけは、しちゃいけないよ。
やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。
何でも大胆にかからねばならぬ。難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずに、いわゆる無我の境に入って断行するに限る。
敵は多ければ多いほど、面白い。
俺など本来、人(出自)が悪いから、ちゃんと世間の相場を踏んでいる。上がった相場はいつか下がるときがあるし、下がった相場もいつか上がるときがあるものさ。その間、十年焦らずじっとかがんでいれば、道は必ず開ける。
世人は、首を回すことは知っている。回して周囲に何があるか、時勢はどうかを見分けることはできる。だが、もう少し首を上にのばし、前途を見ることを覚えないといけない。
人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。ところが小心者に限って何かをやらかして失敗する。
機先を制するというが、機先に遅れる後の先というものがある。相撲取りを見てもただちにわかる。
学者になる学問は容易なるも、無学になる学問は困難なり。
生死を度外視する決心が固まれば、目前の勢いをとらえることができる。難局に必要なことはこの決心だけだ。
行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。
男児世に処する、ただ誠心誠意をもって現在に応ずるだけのこと。あてにもならない後世の歴史が、狂と言おうが、賊と言おうが、そんな事は構うものか。
世の中は平穏無事ばかりではいけない。少しは不平とか不満とか、騒ぐもののあるほうがよい。
大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。
時勢の代わりというものは妙なもので、人物の値打ちが、がらりと違ってくるよ。
人間、数ある中には、天の教えを受ける勘を備えている者がある。
事、未だ成らず、小心翼々。事、まさに成らんとす、大胆不敵。事、既に成る、油断大敵
大抵物事は内より破れますよ。
人はどんなものでも決して捨(す)つべきものではない。いかに役に立たぬといっても、必ず何か一得はあるものだ。
島国の人間は、どこも同じことで、とにかくその日のことよりほかは目につかなくって、五年十年さきはまるで暗やみ同様だ。それもひっきょう、度量が狭くって、思慮に余裕がないからのことだよ。
急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。
世の中に無神経ほど強いものはない。
自分の価値は自分で決めることさ。つらくて貧乏でも自分で自分を殺すことだけはしちゃいけねぇよ。
コレデオシマイ。

▼勝海舟名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧